僕のヒーロー


2020年12月16日

一度だけ
イジメられたことがある。
それは
小学校2年生の時。
と言っても
同級生や友達とかではなく
そのいじめっ子は
3つ年上の
5年生だったと思う。
彼とは掃除の班で一緒になった。
初対面でいきなり
僕の体型のことでバカにしてきて
当時僕は太っていて体格がよく
クラスの中でも後ろから2番目くらいに
背も高かったから
からかいたかったのだろうな
なんて失礼なやつだな
いやなやつだなと思いながらも
最初は聞き流していたが
どんどんエスカレートするので
うるさいな!みたいな感じで
言い返した。
そしたら
お前年下のくせに生意気だぞと
彼は怒り
小突いたり蹴ったりしてきた。
さすがにそんな理不尽なと
僕も頭にきて
かかっていったが
2年生が5年生に敵うはずもなく
軽くひねられた。
当然である。
その場には人がたくさんいたので
そのいじめっこの彼と僕は怒られ、
下級生を面倒みなきゃだめだよと
向こうが少し多めに先生から怒られた。
それで一件落着と思ったが
その彼は気が済まなかった。
今度は人のいない所や
人が見ていないのを確認して
蹴ったり叩いたりしてくる様になった。
毎回毎回掃除のたびに。
学校は楽しいが
一転、掃除の時間が嫌で嫌で
掃除の時間がなければいいのになと
何度も思った。
何度か先生に相談したが
その彼は先生の前ではいい子のフリして
しらばっくれたり謝ったりするけれど
次の日には
お前いいつけやがったなと
また殴ってきた。
その間何度か
反撃を試みるけど
毎回やられてしまう。
小学生の3歳差は大きく
圧倒的な力の前では
どうしても
何度やっても
負けてしまう
そのうち掃除の班が変わって
その彼とも毎日は会わなくなって
ホッとしていたが、
校舎の中で僕を見つけると
柱の陰や隅っこに引っ張り込み
また殴った。
その当時は
笑っていても
僕の心は
いつもどんよりと
晴れることがなかったと思う。
しかし、
その年の冬、
ちょっとだけ嬉しいことがあった。
おかあさんから新しい手袋を
買ってもらったんだ。
その当時流行っていた
みょ〜んと伸びる
毛糸素材の小さな手袋。
嬉しくって
ウキウキした。
その下ろしたての手袋を
早速つけて
友達の家に遊びにいこうと
雪の降る中歩いて出かけると
なんと!
目の前から
いじめっこが
歩いてきた。
さっと脇道に走って逃げたが
すぐに追いつかれ
襟首をつかまれ投げられた。
雪が降りたてで
水たまりのある地面に
思いっきり転んだ。
何度か蹴られた。
倒れてびしゃびしゃに濡れた
僕の姿をみて笑う彼。
この世に悪魔っているのなら
きっとこんな感じなんだろうなと思った。
せっかく買ってもらった
手袋はずぶ濡れになってしまった。
おかあさんの顔が思い浮かんできて
申し訳ないとても悲しい気持ちだった。
なんであの道
通っちゃったんだろ!
後悔しながら友達の家に行き
手袋をファンヒーターの前で乾かしてもらい
遊んでいるとなんだか焦げ臭いにおい。
なんと手袋はファンヒーターの熱で
黄色く焦げてしまっていた。
そのことがショックで
手袋がもともと青だったのか赤だったのか
全く思い出せないけれど
焦げた黄色とその匂いだけが
いまだに鮮明に思い出される
それからは
学校の中を歩くのも
外を歩くのも
そのいじめっこがいないかどうかを
気にしながらビクビクしながら
毎日を過ごした。
生きた心地がしなかった。
そんな日々が終わる日は
突然きた。
「お前、なんか困ったことあるのか?」
そう声をかけてくれたのは
4つ年上、6年生のUちゃんだった。
Uちゃんは、野球も上手、かけっこも早く、
頭も良くて人気者、憧れのお兄ちゃんだった。
「実は・・・。」
とこれまでのことを涙ながらに
Uちゃんに話すと
「よし!分かった!俺に任せろ!」
と言われ、その時は別れた。
何を任せるのか
任せたのかわからなかったが
その時は、Uちゃんが自分の味方になってくれるのかも!?
ということが
とても嬉しかった。
その日以来
イジメはピタリと止んだ・・・・。
いじめっこは
僕の顔を見ると
手を出したいけど出せなくて
悔しい!みたいな顔をしていて
きっとUちゃんが
言って聞かせてくれたのは
間違いないようだった。
ちゃんとお礼を言おうと
Uちゃんの姿を探すけど
Uちゃんは人気者なので
必ず人だかりの真ん中にいて
なかなか話しかけることができなかった。
春になり卒業式の日、
さっと通りすがりに
「Uちゃんありがとね!」
って言うくらいしかできなかった。
それ以来一度も会ったことはないけれど
あの地獄の様な日々
(大げさだけどその時はそう思った)
から僕を救ってくれた
Uちゃんは僕の恩人であり
ヒーローだった。
もう一度ちゃんとお礼が言いたいなぁ
ありがとうって言いたいなぁ
僕もUちゃんみたいな
困ってる人助けられる人に
なりたいよ!って
今でも思うんだ。
そして
顔も名前ももう思い出せない
3つも年下の子を半年以上も
イヤガラセを続けた彼は
2年生の僕にとっては
圧倒的な脅威だったが
同学年の中では
決して目立つタイプでも
体格が良かった訳でもなく
きっと当時
家庭なのか友達なのか学校なのか
どこかでよっぽどの
悩みやストレスを抱えてたのかな。
はけ口を求めて
自分より弱い子みつけて
発散していたのかな。
それもかわいそうな
子だな…。
なんて
今大人になって
思うことがある。
今日みたいに雪が降って
びちゃびちゃになった道路を見ると
黄色く焦げた手袋と
助けてくれたUちゃんのこと
いつも思い出すんだ。
僕を救ってくれた
昭和のヒーローが
確かにそこにいたことを。

ティーボール体験会


2020年12月13日

自分は仕事で見れなかったけど
『楽しかった!』
って帰ってきた
ティーボール体験会
どんなだったか見たくて
ビデオカメラを
ヨメに持たせたが
『撮るの忘れた!』
長男に持たせたカメラには
しっかり三男の
ガンバる姿が写ってた^ – ^
ありがとう!

取材申し込みいただきました。


2020年12月11日

こんなことやってるんですが
よかったら取材に来ませんか?
って案内を出し続けてはや10年
ついに…というか
やっと…というか
まさか…というのか
案内してないのに
取材の申し込みが来ました。
10年間言い続けると
自分の話に耳を傾けて
聞いてくれる人が出てくる
ホント不思議なものですが
ずっと同じこと
言ってるんだけれど
これが継続の力かなとも思います。
今年もやります
夢をありがとう。
Xmas子どもの夢応援イベント
第11回夢をありがとう
12月25日(金)9時より
今年は感染症予防のため
完全入れ替え制とし
例年より人数を抑えての
開催になります。

継続の力


2020年12月11日

こんなことやってるんですが
よかったら取材に来ませんか?
って案内を出し続け
はや10年
ついに…というか
やっと…というか
まさか…というのか
案内してないのに
取材の申し込みが来ました。
10年間言い続けると
自分の話に耳を傾けて
聞いてくれる人が出てくる
ホント不思議なものですが
ずっと同じこと
言ってるんだけれど
これが継続の力かなとも思います。
今年もやります
夢をありがとう。
Xmas子どもの夢応援イベント
第11回夢をありがとう
12月25日(金)9時より
今年は感染症予防のため
完全入れ替え制とし
例年より人数を抑えての
開催になります。

第6弾温泉パスポート


2020年12月08日

山形温泉パスポート
第6弾ゲット。
第4弾から3冊目の購入。
山形は7種の泉質
129箇所の温泉があって
いろいろ楽しめるし
個人的には
掛け流し
あったまり
独自源泉
といったキーワードに惹かれる。
平日の昼間は
わりかし空いていて
自分1人で大浴場や露天風呂を
独り占め!
なんてことも
珍しくないのも魅力のひとつ。
休みの日の昼間っから
浸かる温泉は
なんとも癒されるものです。
ナメてノーマルタイヤで
登った蔵王温泉は
雪でした。

今年二体目


2020年12月08日

HG1/144 MS-06s ZAKUⅡ
40th ANNIVERSARY パチ組み
今年2体目(たぶん)
余裕がないから
作れなかったのか
作らないから
余裕がなくなったのか
夜更かしが
キツくなったからか
夜な夜な酔っ払って
細かいことは
どうでも良くなったのか
そもそも
興味関心の方向が
別を向いてしまっていたのか
たぶんどれも
あたりなのだろう。
久しぶりのガンプラタイム。
腰のスカートが
ついに軟質素材を使い
ピラピラめくれるようになり
肩も足も首も
驚くくらいによく動く
おまけに合わせ目が
ほとんどと言っていいくらいに
目立たない!
これもよく考えられた
パーツ割のおかげだ。
よく可動する
素材を変える
と言うことは
部品点数が
増えるということで
パーツが増える=値段が上がる
ということ。
その昔
300円で買えた
この1/144スケールが
今は1600円(税別)
およそ6倍になった。
それでも
最先端の技術に触れ
進化を感じる時間は
ほんのひと時
子どもの頃に戻れて
3倍楽しい( ^ω^ )

ケサランパサラン


2020年12月05日

室内でシャトル打たせたら
ボカーンと音たてて
照明に当たって
割れたか?と
ヒヤッとして
無事でホッとしたら
ひらひらフワフワ
ケサランパサラン
天井から降ってきた。
この不思議な
物体?生き物?
見れば幸せに
なれるんだとか。
いいことありそう!

総括


2020年11月29日

今月は明日もあるけど
お店は今日が今月の最終営業日。
生活費渡して総括。
今月はなんといっても
次男のスポ少卒団
ヨメ様も
一年半サポート
がんばりました。
もちろん本人も
ずっと前からやってる仲間に
追いつけ追い越せ
必死で走り続けたな
ガンバったなと思います。
兄の都合に振り回された三男にも
やっとゆっくりした時間が
やってきました。
長男は生徒会立候補に
定期テストと学生らしい
1ヵ月だった模様。
そういう父ちゃんは
みんなのガンバりに比べると
なんとも物足りないのだが
来月は第11回目になる
【夢をありがとう】に向けて
遅れた分を取り戻していきたいなと
総括は程々に
みんなとにかくよくやった!
と、子どもたちを肴に晩酌。
今月も幸せだ。

卒団アルバム


2020年11月28日

文集
アルバム
記念誌
いろいろ呼び方あるけど、
構想1年足掛け2ヵ月
業者さんとの打ち合わせ数多
フルカラー60Pの
スポ少卒団アルバムが完成。
本日配布して
ミッションコンプリート!
ずっと肩に重くのしかかってた
大きな荷物をやっと降ろした気分だ!
よくやった自分!と
自画自賛しながら
今日は飲む!!!

ツリー設置


2020年11月18日

今年もクリスマスツリー設置!
なんだかんだで
遅くなっちゃったけど
今年もやります
【夢をありがとう】
これまで10年、
24日クリスマスイブに
開催してきたのですが、
コロナの影響なのか
まだ24日は小学校の授業があるため
クリスマスの25日に
開催することにします!
感染症対策のため
完全入れ替え制にして
人数を絞っての開催です。
こんなご時世だからこそ
子どもたちに夢を!
少しカタチを変えながらでも
開催したい!
との思いで
今準備を進めています!
さあ、
今からどんな夢が集まってくるのか
楽しみでしょうがない!
3 / 19512345...102030...最後 »

ブログカレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031