グラブノート


2019年09月08日

この土日
フルに力を貸してくれた
道具のお手入れ。

【グラブノート】


これ見せてから

長男次男はグラブを磨き

名前をつけ、
枕元に置いて寝るようになった。

自分は子どもの頃
お世辞にも上手な子では
なかった

技術的な指導は
どんなことを受けたのか
さっぱり覚えていない。

エラーしても
三振しても
怒られたことは一度もなく

記憶の中の
うるさくしつこく
怒られた事柄は

技術とは全く関係のない
事ばかりで

それが
間違いなく
僕の土台を作ってくれたと、
今では感謝の思いしかない。

①挨拶をしっかりすること。
②道具を大切にすること。
③自分を取り巻く全てのものに感謝すること。

親として
野球を通して学んで
欲しいと願うことは
たくさんあるけれど

これに勝るものは
ないなあと思うのです。

グラブを大切にするとは
どういうことなのか

どうやってやるのか

大切にするとどうなるのか

グラブとの向き合い方が
丁寧に熱く書いてある
ステキな本です( ^ω^ )

ゴリ押し前借り


2019年09月03日

兄弟でも
性格って
全然違うもので

長男は細かいもの
(マンガやカードなど)
をチョコチョコと
小さなものを買いたがり

身につけるモノに対する執着は
あまり感じない。

対して次男はあまり常々
モノは欲しがらないけれど

何かその時夢中になったものは
値段などお構いなしに欲しがる。

衣服の色やデザインにこだわって
何事も形から入るカッコつけ。

今回、次男が欲しがったのは
グローブ!

始めたばかりなんだから
お下がりで十分!

ってガマンさせてたんだけど
『前借りお願い!!!』

って引き下がらず
ばあちゃんも巻き込んで
誕生日プレゼントという事で
いつものゴリ押し目的達成。

子どもにしちゃあ
贅沢なグラブだけど

グラブに負けないように
がんばって欲しいな。

父ちゃんは
これから型つけ
腕の見せ所(^ ^)

だけど
きみの誕生日

12月だぞ。

#久保田スラッガー
#KSG-J4
#Fオレンジ 
カッコいい

【長男、職員室に呼び出される】


2019年09月01日

給食の時間の後、
学年主任の先生に
職員室に呼び出された長男、

何か悪いことしたっけ?
って一生懸命に考えたそうな。

~もしかしたら、給食当番の時、
◯◯くんのお椀をお汁だけにして
具を全く入れなかったイタズラバレた?~

とか、

先生とのやりとり帳
(連絡帳のようなもの)に
ペテルギウスロマネコンティの
リアルでキモい絵をポーズ変えて
何ページにも渡って
描いたからかな?~

いずれにしても
~絶対怒られる~
と思ったらしく
ドキドキしながら
職員室に入ると

先日の作文が
クラスなのか学年なのか
なんだかわからないけど

とにかく何かの
代表に選ばれたらしく

なーんだ!
びびって損した!って
ホッとしたんだって。

でも
週明けまでに
清書の宿題がプラスされて

本人は、
よかったのか?

悪かったのか?
なんだかわからない
シブい表情してたけど

親としては
一瞬ドキっとしたけど
結果は雲泥の差。

よかったよかった!
ガンバって書いた甲斐あったね!
って言ってあげよっと。

メディアコントロールチャレンジ


2019年08月29日

夏休みで

だらけきった我が家に

恒例のルール・チャレンジがやってきた。

1日に家族全員でテレビは1時間!

って書いたの次男なので

それに従う。

早寝早起き朝ごはん

テレビ見ない代わりに

やることやったら

お客様いない時という前提で

キャッチボールでもバッティングでも

なんでも付き合っちゃうぞ!

って言ったら

本当にお客様がいない時間

すべてバッティングやキャッチボールを

やる事になっちゃった!

9月1日まで

おそらく

父ちゃんの筋肉痛は続く・・・。

スコアラーへの道


2019年08月26日

週末の試合。
応援に行ったヨメさんに
今の状況を聞きたくて

仕事の隙間に
たまらず電話した。

僕『今どう?』

ヨメ『試合やってるよ~。』

僕『分かってるよ!』

僕『何対何?』

ヨメ『分からない』

僕『分からない⁇⁇』

僕『勝ってる?』

ヨメ『多分勝ってる』

僕『多分?見てるのにわかんないの?』

ヨメ『点とって取られて

また今ぶり返してる』

僕『ぶり返すって風邪みたいだね

この人に聞いたのが
間違いだった(^^😉

スコアラーへの道は
まだまだ遠い。

めっちゃ応援行きたい!


2019年08月24日

めっちゃ応援行きたいけど

行けない!!

がんばってきてほしい!!!

こんな気持ちで

両親も僕を見送ったのだろうか。

う〜ん

見たい!!

 

帰ってきたら

白目向いて爆睡。

がんばってきたようです。

お母さんの挑戦


2019年08月23日

長男の夏休みの宿題のひとつに
お父さんとかお母さんとか
『家族のこと』を作文に書く
というものがあって

選んだのは
お母さん。

ずいぶん前のことだけど
彼にとっても
かなり大きな出来事だったんだなぁ。

=======================

「お母さんの挑戦」

一年三組 伊藤優作

僕の両親は床屋をやっています。
でも以前、お母さんは
床屋ではありませんでした。

お母さんの性格はおっちょこちょいで
忘れん坊です。


出掛けると忘れ物をしたと
すぐに帰ってくるし
僕の名前を呼ぶ時も
弟の名前を呼んだり


抜けている所もある
とても面白いお母さんです。

そんなお母さんが
床屋になるなんて
思っていませんでした。

お母さんが床屋を目指したのは
僕が小学三年生の時で
僕が生まれる前から働いてくれていた
スタッフが子供を生まれるので
辞めてしまいました。

お父さんは二人でやっていた仕事を
一人でしなければならなくなり


朝から晩まで一人で
仕事をしているお父さんを見て


お母さんは
「私も何か手伝ってあげたい」
と思ったそうです。


そしてお母さんは専門学校に入学し
床屋になることを決めました。

そこでは美容師だけど
床屋の免許を取りに来た人や
自分よりずっと若い人がほとんどで
「お母さん」と言われてしまったそうです。

通信教育なので毎月教材が届き
ひまがあるとテレビを見ていたお母さんは
本を読んで勉強するようになりました。

春休みと夏休みにスクーリングといって
学校に通う日が2週間あります。


お父さんは仕事なので
その間はお母さんのしていた家事、
ご飯作りや洗濯物などを
弟二人と僕の三人でしなければいけません。

洗濯物を畳むのは
小学三年生の僕には
難しかったし
お米を研いだりするのも
最初は上手にできませんでした。

その時の僕は
いつもお母さんは
こんなに大変なことを
毎日していてすごい。


僕たちもお母さんの手伝いをして
お母さんを楽にしてあげたい
と思いました。


そして洗濯物もご飯作りも
一人で出来るようになって
だんだん慣れてきた小学五年生の時、
お母さんの国家試験の日がやってきました。

おっちょこちょいのお母さんのことだから
何かやらかさないか僕は心配でした。

それでもお母さんは合格しました。

お母さんは泣いていました。

それを見た僕は
涙が出るほど頑張ったんだなぁ
と思いました。

でも僕はそれまで
涙が出るほど頑張って
何かを成し遂げたことが無かったので
その気持ちはどんな気持ちなんだろう
と思いました。

床屋をやっている
僕のじいちゃんばあちゃん、
お父さん、弟、そして僕
みんなが大喜びしました。

じいちゃんは
「子育てしながら免許を取るなんて
大したもんだ」
と褒めてくれたし、

僕たちも
「お母さんすごい!」
と騒いだけれど、お母さんは

「みんなの協力のおかげで合格出来ました。
これまで支えてくれてありがとう。」

と言っていました。

無事に合格したお母さんは
今ではお父さんと二人で仕事をしていて
今日はお客様がこんなことを言っていたと
仕事が終わってからも二人で仕事のことを
仲良く話しています。

お母さんは三年間、
僕たちの習い事の送り迎えや
毎日の家事に加え、
勉強をしていて
とてもがんばったと思うけれど


みんなには
「支えてくれてありがとう」
と言っていて


感謝の気持ちを忘れないところが
僕はすごいと思って尊敬しました。

そして自分も
そうありたいと思いました。

○○歳だけど家族のために努力して
合格した後も
家族のため働いているお母さんは
とてもすごいと思います。

僕が結婚して子供が生まれた時は
家族を守るために何歳になっても
色んな事に挑戦していきたいです。

大変な事もあると思うけれど
僕なら出来ると思います。

だって、
僕はお母さんの子ですから。

やっと戻った日常


2019年08月21日

やっと全員

学校行った!!!

毎年のことなんだけど

別になんかしたわけじゃないけど

なんだろう

このやりきった感。

そして

解放感!

あっ!

そうか!

ウチは自宅兼店舗だから

毎日朝から晩まで

ずーっと

一緒だからかな?!

元気に行ってらっしゃーい!

ポン!(背中を押す音)

ブログカレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930