ドキドキやままる


2020年12月25日

菅総理の会見が長引いて
放送されるか
ドキドキしたけど
NHK山形やままるさんで
事前にのべ10時間以上にわたる
たくさんの取材をしていただき
しっかり6分間
放送してもらいました!
木下愛季子アナウンサー
ありがとうございました!
感謝!!

第11回夢をありがとう


2020年12月25日

今日は第11回夢をありがとう
いよいよ開催です!
店内のデコレーションもバッチリ!
夢をありがとうオリジナルケーキも準備万端。
今晩はこのケーキを囲んで
各家庭で夢の話がされることでしょう。
本日のメディア取材予定は
NHK山形 やままる
山形放送 ニュースevery
山形新聞26日朝刊
今年も無事
夢をありがとう
終了しました!
いつも
毎年大変だね〜とか
言われるのですが
子どもたちの夢を聞かせてもらうと
こちらが元気をもらうのです。
確かに
イベントをするというのは
エネルギーが必要だし
お金や時間
乗り越えるべき問題が
様々あるのだけれど
それを補って余りある
『心の潤い』を得ることが
できるのです。
『なんでこのイベントをしようと思ったのですか?』
と聞かれるたびに
様々な理由やきっかけがあるのだけれど
純粋に
子どもたちには
夢を描き目を輝かせながら
追いかけて欲しい
それを応援し見守ることは
大人としての喜びであり
とても心が潤うから。
今年は新型コロナウィルス感染症のため
普段や日常といった
今まで当たり前と思っていたものが
崩れてしまった1年。
そんな中でも
『夢』という
自分の未来に希望の光を見出し
現在自分の置かれている環境の中に
あるもの、ことに感謝して
ありがとうを伝えながら
目を輝かせながら
生きて行って欲しい
そんな思いを
強く持って臨んだ1日でした。
これからも
地域の中の大人として
自分のできることから
縁ある子どもたちに
前向きな投げかけを
続けていきたいと思います。
このイベントに
ご理解とご協力いただいた
御父兄の皆様と
陰ながら応援してくださった
みなさん
そして
あしながサンタのみなさんに
心から感謝いたします!
今日の模様は
NHK山形 やままる 18:40ごろ
山形放送 ニュースevery
山形新聞 明日の朝刊
にてご覧いただければ
幸いです。

夢の絵を


2020年12月22日

25日に迫った
夢をありがとうに向けて、
我が家の子どもたちも
できるとか出来ないとか
無理だとかは考えないで
自分がそうなったら
最高にワクワクすること
自由に描いてごらん。
そんなこと
父ちゃんに言われながら
思い思いの夢の絵を
一生懸命に
描いています( ^ω^ )
三男の絵は
やはりパンチが効いてるな!

25日のやままる放送決定!


2020年12月22日

【NHKやままる】さんの
木下愛季子アナウンサーが
夢をありがとうの
取材に来てくれました!
熱心にこちらの話を
聞いてくださり
木下アナの
聞く力はホントにすごいなぁと
感銘を受けます。
あさっての25日(金)
夕方6時10分から
放送予定です!
どんな風に編集してもらえるのか
今から楽しみです!

あと一週間!


2020年12月18日

第11回夢をありがとうまで
あと1週間!
これまで集まった
子どもたちの夢の絵は
100枚オーバー!
改めて並べて見ると
この絵を見ながら
こんな会話したっけなー。
一人ひとりの成長と
懐かしさを感じます。
さあ、
今年は感染症対策のため
1人ずつの完全入れ替え制の
7人に絞っての開催ですが
どんな夢が集まるか?
どんな絵を描いてきても
絶対的に応援してやる!!
この絵たちから
元気をもらっちゃって
やる気が漲ってきます。
今から楽しみでしょうがない^_^

 

取材申し込みいただきました。


2020年12月11日

こんなことやってるんですが
よかったら取材に来ませんか?
って案内を出し続けてはや10年
ついに…というか
やっと…というか
まさか…というのか
案内してないのに
取材の申し込みが来ました。
10年間言い続けると
自分の話に耳を傾けて
聞いてくれる人が出てくる
ホント不思議なものですが
ずっと同じこと
言ってるんだけれど
これが継続の力かなとも思います。
今年もやります
夢をありがとう。
Xmas子どもの夢応援イベント
第11回夢をありがとう
12月25日(金)9時より
今年は感染症予防のため
完全入れ替え制とし
例年より人数を抑えての
開催になります。

第10回夢をありがとう


2019年12月24日

今年もクリスマスイブは

夢をありがとう

いよいよ始まります!

昨日定休日だったので

少しだけ余裕を持って

準備ができました。

おかげ様をもちまして
10回夢をありがとう
無事終了しました。

 

趣旨に賛同いただき
大切なお子さんを預けてくれた
ご父兄のみなさんに感謝します。

また、このイベントを
匿名で影で支えてくれた
あしながサンタのみなさん
本当にありがとうございます。

 

 

子どもの夢の話を聞いたり
描いてくれた絵は

どれも全部
パワーに溢れていて
僕が元気をもらってしまいます。

パワーというのが


適切な言い方なのかは
よくわからないけれど

身体の中に何か温かいものが
流れこんできて

胸のあたりをグルグル対流してる
そんな感覚になる時があって

その時
『あぁ、今自分、満たされてるなぁ』
と思うんだけれど

一緒に夢をありがとうを
仙台でやっている
ミスターは
『心が潤う』
って言い方をしていて

なるほど!
これ、心が潤ってるんだ!
って

こないだ初めて分かって
心底納得した。

 

カット料金は無料にしてるし
お店を貸し切りにしてるから
通常のお客様は入れなくて

12月の売り上げ的には
大マイナスの
完全ボランティア。

だけど

心があったかいものに包まれて
ツルツルツヤツヤに潤って

キレイな心になったみたいで
なんとも気持ちがいい。

子どもに夢を
とか
子どものために
とか言うけれど

結局は自分がこの潤いを
味わいたくてやってるなって 
思う時がある。

こんな気持ちを
味わえるのだから

子どもの夢を
応援できるってことは
大人としてとても
幸せなことなんだと思います。

 

大人はすぐに損得考えて
ソロバンはじきたくなったり
自分の思うような結果を
望んでしまうのだけれど

僕は
描いた未来が
自分のものになるかもしれないと
ワクワクする気持ち

それを大切に育ててあげたい。

具体的に相手(僕)に
自分の思い描いていることや
考えていることを、
伝えようとすることで

子どもたちの頭の中が
整理されてきて

結果、行動が自律的になる。

そう
なる子もいるし
まだならない子もいる。

だけど
この経験はきっと
この子の心のどこかに
残るんじゃないかなぁ。

完成はずーっと後だから
焦らなくっても大丈夫だよ!
って

ながーい目で
見守り励まし

目の前のこの子は
無限の可能性を
秘めているって信じるのは

結構楽しくて
面白くって
クセになってやめられない。

そしてこれからは

この心の潤いを味わいながら
子どもたちの夢を応援する大人を
共感し行動してくれる仲間を

1人ずつでも増やしていきたい。

それが
10
年間子どもたちの
様々な夢を応援することで
大きく育ってきた

僕の新しい
夢なんです。

今日は朝から
カメラマンとして
一日中お手伝いをしてくれた

夢を応援する似顔絵師
伊藤 伸哉
さん

 

夢をありがとうの発案者であり
10
周年を1番喜んでくれて

子どもたちへの
ステキなプレゼントしてくれた
ミスターこと熊谷 愼也さんに

心から感謝します!
ありがとうございます。

PS:25日の山形新聞朝刊にも
  記事が掲載されました!

 

 

民放4社と
NHK
では
県内版、東北版、
そして全国版で
取り上げていただきました。

今年で10年
毎年恒例って言ってもらえるのは
嬉しいことです。

 

山形テレビ

18:15~ゴジダス

テレビユー山形

18:15Nスタ山形

さくらんぼTV

17:53~Live News

山形放送

15:50~news every

NHK山形

15:00 県内ニュース

NHK 4:50

シブ5時にて全国放送!!

なんだろうなんだろう


2019年12月19日

毎年、参加してくれる
子どもたちには
本をプレゼントしています。

今年は
ヨシタケシンスケさん新刊の

【なんだろうなんだろう】
に決定しました!

この本は
「たのしい」ってなんだろう?
「自分」ってなんだろう?
「夢」ってなんだろう?

という感じで
こんな考え方もあるよって
読み手と一緒に考える本になっていて

「これはこうである!」といった
答えは書いていません。

子どもたちの発想が
夢が広がるような
前に進む勇気が出るような

そんな本を!と探していた

夢をありがとうにはピッタリだと
一目惚れで即決定でした。

本の見開きには
魂込めてメッセージを書き込む。

 

「でっかい夢を見つけたら

今できる小さなことを

探してみようよ」

 

クリスマスの夜に
ケーキを囲みながら

「夢」ってなんだろう?
「たのしい」ってなんだろう?
「しあわせ」ってなんだろう?

なんて会話が生まれたら・・・。

なんて考えながら
妄想するこの時が
一番楽しいものです。

いつも
手数なのですが
一度本屋さん持って行ってもらい

包装してもらってまた
持ってきてもらってます。

本選びから包装まで
いつもご協力いただいてる
あすなろ書店の村田さん、
いつもありがとうございますm(__)m

ちなみにこの本の代金は
イベントの趣旨に共感してくださった
【あしながサンタ】さんからの
協賛で賄うことができています。感謝( ^ω^ )

たくさんの
地域の方の善意で
毎年夢をありがとうが開催されています!

子どもたちの夢を応援する大人が
増えるよう

今年も24
盛大に開催します!!!

【夢をありがとう】は
本家仙台ミスターのお店
TOPHAT
でも22日に開催します( ^ω^ )

【あしながサンタ】随時募集中!
陰ながら子どもたちの夢を
応援してくれる方も募集します(^_−)

1 / 512345

ブログカレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031