ストライク


2021年03月04日

国語の授業で書いてきたという
長男の短編小説。
400字原稿用紙1枚という
限りある中ではあるが
彼の世界観が垣間見れるようだ。
主題は「仲間がいなければ何にも出来ない」
ということらしい。
子どもと大人の間の中学二年生
今しか書けないこの文章と感性だなぁと思う。
=================
【ストライク】
俺の名前はボール。
俺にはバットとグローブの
二人のライバルがいる。
野球は好きだけど二人の事は大嫌いだ。
俺が気持ちよく投げたボールを
打ったり捕ったりしてくる。
俺の心は怒りでいっぱいだ。
いつもの様に野球をしていたある日。
バットにボールが当たった瞬間、
バキッと音がした。
バットは折れた。
ボールは喜んだ。
「ざまあみやがれ!お前は俺に負けたんだ!」
バットがいなくなり二人は
キャッチボールをしていた。
聞こえてくるのは捕球音だけ。
いつものスイングの音や
打撃音はもう聞こえない。
反響した捕球音が消えた時
顔を見合わせ二人は言った。
「あいつがいないとつまらない」
二人は神様にお願いした。
「もう誰が一番だなんてケンカはしません。
三人でまた野球をさせてください。」
その後バットは蘇り、
三人は仲良く野球をする様になった。
ボールは笑顔で言った。
「お前らがいるから野球ができるんだ。
バット、グローブありがとう。」
ボールの心は喜びでいっぱいだ。
===================
彼は彼なりに
自分の中の
ストライク(正解)を
見つけたのかもしれない。

ブログカレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031