ぼく、がんばってるんだよ!


2014年02月27日

わが家の次男JUN平さんの通う幼稚園から

「成長振り返り表」

なるものをもらってきました。

 

それは(通知表みたいなもの)で、

園での生活の中で、

ここががんばってる!とか

こんな一面があるといった部分を教えてくれます。

 

僕がこの振り返り表で特に気に入っているのは、

他の園児との比較は一切なく(ヨコの比較)

以前の本人との比較(タテの比較)で

伸びた部分を褒めてくれるところです。

 

5歳になったから、とか

周りのみんなと比べて

これくらいできて当たり前!

というような評価を一切しない幼稚園の姿勢が

子どもを預ける親としては大変ありがたく、

感謝しているところです。

 

その振り返り表には

担任の先生からのコメントを書く欄があり、

「本当によく子どものことを見ていてくれるなぁ!」

と、感心するばかりです。

 

その先生からのコメントを受けて、

父兄からの一言を書いてさらに園に提出する訳なんですが、

そこは毎回ヨメさんにお願いしています。

1653447_595090310583812_1408900924_n

それを読んでの疑問が一つ。

「コレ、次男にキチンと読んであげたの?」

とヨメさんに聞くと、

「ううん?まだ。」とのこと。

 

こりゃいかんと思い、

お母さんがこう思っているということを

僕なりの脚色を加えて改めて伝えてあげました。

 

原文

【自宅では、雪遊び、縄跳び、お絵かき、

仮面ライダーごっこをして遊んでいます】

 

僕:「おうちで雪遊びしたり、縄跳びしたり、

お絵かきや仮面ライダーごっこして

楽しそうに遊んでるあなたの姿を見るのが

お母さん大好きなんだって!」

J「うん。」(こくりとうなずく)

 

原文

【縄跳びは、昨年まで跳べなかったのに、


たくさん練習をして跳べるようになったので


すごいと思います。】

 

僕:「縄跳び、去年まで飛べなかったけど、

   ガンバっていっぱい練習したら跳べるようになったのが、

   お母さんスゴイ!って思ってるんだって!

   がんばってやったもんね!」

J「うん!」(表情がぱっとあかるくなる)

 

原文

【家でのお手伝いでは、お風呂そうじを

毎日がんばってくれて助かっています】

 

僕「毎日がんばってお風呂そうじしてくれてるから、

  お母さん助かってるって!

  毎日きれいなお風呂に入れるのは

  JUNちゃんのおかげだって!」

J「うん・・・。」

そう言うと、うつむいてそそくさとその場を立ち去る次男JUN平さん。

追いかけて、どうしたのかとたずねると、

大きな目から、

大粒の涙がひとつぶポロリとこぼれてた・・・。

1897841_595090403917136_690930077_n

僕ら大人は

「できるようになったのか~。よくがんばったね!」

と軽く、済ましてしまいがちですが、

本人にとっては、

お父さんお母さんに褒めてもらいたい一心で、

「見て見て!」

って言いながら縄跳びを何回も繰り返しチャレンジし、

最初は泡だらけでちっともきれいにならなかった

お風呂そうじも

今では手を掛けることなく全部任されるようになったこと。

それらは全部、本人にとっては

がんばってがんばって、

一個づつクリアしできるようになったこと。

次男という立場は、

自分より何でもできるお兄ちゃんと

自分よりできなくても褒められる弟に挟まれ、

褒めて欲しい

認めて欲しい

自分のことを見て欲しい!

そんな気持ちを凄く持っているのだと

改めて思いました。

【僕もがんばってるんだよ!】

子どものそんな気持ち

もっともっと汲んであげられる

ようにならないとな~と反省です。

 

「そんな一生懸命に

がんばってるところを見るのが

お父さんお母さんは大好きだよ。

今度は年長さんだから、

一生懸命に頑張る姿を

弟や、小さい組さん、真ん中組さんのお手本になってね!」

 

1901358_595090473917129_268109316_n

 

お父さんと指きりをして約束。

 

子どもの心、

分かってあげられる

大人になっていきたいと思います。

1653405_595090240583819_1156177530_n

ブログカレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728