第10回夢をありがとう


2019年12月24日

今年もクリスマスイブは

夢をありがとう

いよいよ始まります!

昨日定休日だったので

少しだけ余裕を持って

準備ができました。

おかげ様をもちまして
10回夢をありがとう
無事終了しました。

 

趣旨に賛同いただき
大切なお子さんを預けてくれた
ご父兄のみなさんに感謝します。

また、このイベントを
匿名で影で支えてくれた
あしながサンタのみなさん
本当にありがとうございます。

 

 

子どもの夢の話を聞いたり
描いてくれた絵は

どれも全部
パワーに溢れていて
僕が元気をもらってしまいます。

パワーというのが


適切な言い方なのかは
よくわからないけれど

身体の中に何か温かいものが
流れこんできて

胸のあたりをグルグル対流してる
そんな感覚になる時があって

その時
『あぁ、今自分、満たされてるなぁ』
と思うんだけれど

一緒に夢をありがとうを
仙台でやっている
ミスターは
『心が潤う』
って言い方をしていて

なるほど!
これ、心が潤ってるんだ!
って

こないだ初めて分かって
心底納得した。

 

カット料金は無料にしてるし
お店を貸し切りにしてるから
通常のお客様は入れなくて

12月の売り上げ的には
大マイナスの
完全ボランティア。

だけど

心があったかいものに包まれて
ツルツルツヤツヤに潤って

キレイな心になったみたいで
なんとも気持ちがいい。

子どもに夢を
とか
子どものために
とか言うけれど

結局は自分がこの潤いを
味わいたくてやってるなって 
思う時がある。

こんな気持ちを
味わえるのだから

子どもの夢を
応援できるってことは
大人としてとても
幸せなことなんだと思います。

 

大人はすぐに損得考えて
ソロバンはじきたくなったり
自分の思うような結果を
望んでしまうのだけれど

僕は
描いた未来が
自分のものになるかもしれないと
ワクワクする気持ち

それを大切に育ててあげたい。

具体的に相手(僕)に
自分の思い描いていることや
考えていることを、
伝えようとすることで

子どもたちの頭の中が
整理されてきて

結果、行動が自律的になる。

そう
なる子もいるし
まだならない子もいる。

だけど
この経験はきっと
この子の心のどこかに
残るんじゃないかなぁ。

完成はずーっと後だから
焦らなくっても大丈夫だよ!
って

ながーい目で
見守り励まし

目の前のこの子は
無限の可能性を
秘めているって信じるのは

結構楽しくて
面白くって
クセになってやめられない。

そしてこれからは

この心の潤いを味わいながら
子どもたちの夢を応援する大人を
共感し行動してくれる仲間を

1人ずつでも増やしていきたい。

それが
10
年間子どもたちの
様々な夢を応援することで
大きく育ってきた

僕の新しい
夢なんです。

今日は朝から
カメラマンとして
一日中お手伝いをしてくれた

夢を応援する似顔絵師
伊藤 伸哉
さん

 

夢をありがとうの発案者であり
10
周年を1番喜んでくれて

子どもたちへの
ステキなプレゼントしてくれた
ミスターこと熊谷 愼也さんに

心から感謝します!
ありがとうございます。

PS:25日の山形新聞朝刊にも
  記事が掲載されました!

 

 

民放4社と
NHK
では
県内版、東北版、
そして全国版で
取り上げていただきました。

今年で10年
毎年恒例って言ってもらえるのは
嬉しいことです。

 

山形テレビ

18:15~ゴジダス

テレビユー山形

18:15Nスタ山形

さくらんぼTV

17:53~Live News

山形放送

15:50~news every

NHK山形

15:00 県内ニュース

NHK 4:50

シブ5時にて全国放送!!

ブログカレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031