ブライトウ大阪【2日目】その2〜九度山〜


2019年04月02日

竹田城を出発したのが

11時半。

ここから次の目的地

和歌山県九度山町まで

どうがんばっても3時間半。。。。

せっかく関西まできたのに

昼間のいい時間を車の移動で潰しちゃうのってどう?

九度山は諦めて

ゆっくり大阪観光でもいいんじゃない?

と、運転に不安のある僕の提案は

一蹴され

紀州和歌山

九度山町に到着!

この九度山町は

関ヶ原の戦いで西軍についた真田昌幸信繁親子を

天下人となった徳川家康が幽閉した場所で

昌幸はこの地で徳川への復讐を誓いながら亡くなり

息子真田信繁幸村は大坂冬の陣に参戦するまでの

16年間を家族と家臣とともにこの地九度山で過ごしたのだそうです。

無料駐車場にはのぼりが掲げられ

トイレにも六文銭。

真田のゆかりの地では

かならずこの六文銭に会えます。

地図を片手に目指すは真田庵

あっ

なんかみたことある!

高鳴る胸の鼓動が抑えられません!

来た〜!!!!真田庵!!

真田丸紀行で見たまんまだ!

コーフンを抑えつつ

真田地主大権現さまにごあいさつ。

このお寺では怒った姿の昌幸の霊が

たびたび見られるようになったそうで

そこで大安上人は昌幸の霊を

この地の大権現の神様にして祀ったところ、

穏やかな顔になった昌幸が現れ、

そして祀ってもらったお礼にこの地を守ると約束しました。

それがこの真田地主大権現です。

向かいには

真田幸村大介400回忌の碑

そしてその左手には

雷封じの井戸

信繁が真田屋敷に落ちた雷を取り押さえて封じ込めて

里人の難を救ったという伝説の井戸。

実はこの井戸は真田庵の近くにある、

大坂城に通じていたという「真田の抜け穴」(真田古墳)

に繋がっていて、

その入り口を隠すために

「雷を封じ込めたからこの井戸を開けることを禁じる」

と家臣や民衆に命じたというさらなる“尾ひれ”がついているのだそうです。

 

真田庵の前で一枚。

僕ら以外誰もいません。

そりゃそうだ。

 

ちなみにこの建物は

善名称院といって

真田の屋敷の跡に建てられたお寺です。

そしてこちらが2代目の松

信繁は昌幸が死去した際、

遺体を荼毘に付して屋敷の敷地内に遺骨を埋葬したそうで

その時、墓印として松の木を植えたと伝えられています。

残念ながら初代の松が枯れてしまったため

地元の人の手で二代目の松が植えられた。

それが現在、真田庵の境内にある「二代目の松」なんだそうです。

この真田庵はお寺なのですが

一応お守りや少々真田グッズも売っているのですが

「商品代金はお賽銭箱に入れてください」

とのこと。

さすがです。

 

僕は手ぬぐいと絵馬を購入。

裏に願いを書くのですが

書くのはもちろん

諸国客衆繁盛

遠く和歌山の地で

自分の絵馬がかけられているなんて

なんとも不思議な気分です。

来ちゃったんだなぁ。

九度山。

 

お賽銭箱の隣には

幸村公と昌幸公の石像があり

背中をさすって

お願いをするとご利益があるとか。

 

ここでも

諸国客衆繁盛

門には真田六文銭と結び雁金

燭台もそうですね。

真田庵自体そんなに大きなお寺ではないので

だいたいこんな感じです。

僕ら家族(ヨメを除く)は

興味があるので見所満載です!

昔の集会所のような佇まいの

真田宝物資料館へ。

こちらも

料金は箱に自己申告で入れる形です。

一人200円なので5人で1000円投入。

鎧やカブトその他は模造ですが

さすがは宝物資料館

幸村公が大坂の陣で使用した

槍先

肖像掛け軸

昌幸が再起を図るべく

幸村に授けたという

兵法の書

真田紐の織り機

などなど

ほんとに見るものたくさんで

大満足!!!

最後に手を合わせて真田庵をあとにします。

真田庵の塀の瓦にも六文銭

マンホールには

柿の絵が

ここ九度山は柿の産地で

柿の葉寿司が名産なのだそうですが

残念ながらそのお店はもう終わってしまっていました。

くるっとまわると

あれ?

もしかしてこっちが正面?

 

 

真田庵の正門はこちらでした。

ぷらぷら歩くと

九度山っぽいものが目に入ります

民家の軒先には

紀州九度山の飾りがあったり。

少々歩くと

真田の抜け穴を発見。

この穴を通って

大阪城へ抜け出したとか。

そのすぐそばには

真田紐研究会がありました。

真田紐とは

真田幸村が機械を使って作った紐で

縦に引く力に強く、とても丈夫であったので、

武器や様々な生活に古くから使われてきました。

幸村はこの真田紐を織り、

家来に全国各地に売り歩かせ、

情報収集と資金集めに役立たせていたといわれています。

 

ちょっとお邪魔して

真田紐の昔ながらの作り方の

実演を見学させてもらいました。

たくさんの真田丸キャストの方も

訪れたようでした。

山形から来たんです

そういうと大層よろこんでくれて

内緒ね!なんて言って

ちょこっとプレゼントもいただいちゃいました。

もっとゆっくりしたいけど・・・

と泣く泣く後にして車に戻ります。

実は先ほどの真田の抜け穴を見学時

狭い通りから車が降りてきて

道路から井戸は少々段差があり

車を避けた三男をおんぶした長男が

バランスを崩し、

三男は長男の背中から落下してしまったのでした。

狭い道路

きちっとはっきりと

避難させなかった僕が悪い!

と反省。

気になって気になって

真田紐見学も僕は上の空。

車に帰ったら

元気になっていた三男見て一安心。

さて、

これから約2時間かけて

大阪までの運転、

街中を走行後、

レンタカー返却という

僕にとって一番のプレッシャータイムに突入!

果たして無事到着できるのか???

 

はい、

結果オーライ!

予定よりはずいぶん遅くなって

暗くなっちゃったけど

無事2日間のレンタカー運転のミッションクリア!

ホテルは大阪城のすぐ近く

大阪城のライトアップは

青かった。

ホテルに程なく到着し

晩御飯をどこで食べるか会議を開く。

案1:電車に乗ってなんば、道頓堀を見学し晩御飯

案2:ホテルの近くで食事を済ます

案3:大阪の知り合いと梅田で落ち合って食事

今日はとにかく朝から山登りをして

くたくただからどこにも出かけたくない!

というヨメさんと三男。

せっかくだから電車乗って出かけたい!

という僕長男次男。

だったら行きたい人だけ行ってきていいよとか

言い出すヨメさん。

協議の結果

家族旅行で別々に晩御飯はないよねって

ことになって

ホテルから歩いていける

お好み焼き「さくら」さんへ

ここは大阪によくくる友人から

超おすすめ!と言われてたお店で

ダメ元で電話してみたところ

運良く席がとれたのでした。

ラッキー!

まずは安着祝いで

かんぱーい!

めったに外では飲みたがらないヨメさんも

朝からの山登りが相当こたえたようで

ガブガブ酒を煽ります。

どんどん飲んでくれ給え。

このお店のおすすめ

山芋焼き

粉は全く使ってないので

とろとろのふわふわ

一瞬静かになる

恍惚

興奮!

お次はねぎ焼き

一瞬で無くなる。

まるで鉄板の上から

蒸発したようだ。

豚玉

これ一番スタンダードでうまい

だいぶ召し上がったようで

イカ焼き

ふわふわに柔らかいイカうまい!

おすすめのお酒を飲んでみる

子ども達の一番人気は

じゃがバターチーズ焼き

どれも一瞬で消える

ブタキムチ

やきそば

そばめし

一体何枚食うんだ?この人たち。

 

でも

焼いてもらって持ってきてもらうので

 

自分で焼くスタイルのお好み焼き屋さんより

格段にゆっくりできる。

ついに酔っ払いがからむ

説教

でも楽しそうだ。

流石にお腹も一杯になって

ホテルへ帰る。

おとーさん!

「居酒屋のりを」

だって!

ホテルへ到着。

もうみんなヘトヘト。

部屋に帰るなり

ヨメ爆睡

 

僕は

昼間竹田で買ってきた

どぶろくを飲んで就寝。

さあ、

明日は最終日。

早起きしなくちゃ!

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライトウ大阪【2日目】〜天空の城竹田城〜


2019年04月02日

6時に起きてひとっ風呂浴びて

6時半からの朝食バイキングへ。

このホテルのお風呂は

姫路城の歴代城主家紋のレリーフがあったりして

とってもゆっくりできた。

大満足。

このホテルは結婚式場もやっているらしく

とても綺麗で素敵なしつらえです。

僕の朝食は

和食中心ですが

取りすぎたかなぁ?

好きなものを好きなだけ

子どもたちにとって

バイキングほど楽しい食事はないらしい。

まぁ

どこに行っても

とってくるメニューは決まっているようですが・・・

楽しい時間はすぎるのが早く

予定時間を軽くオーバー。

三男よ

朝食とは

フルーチェを11個食べることではない。

もうすぐ中学生

大人っぽくなってきました。

彼はまだこのあと訪れる

修練のことな知る由もない。

綺麗で快適で美味しかった姫路のホテルを後にして

姫路城とお別れ。

車窓からヨメさんの撮影。

昨日よりも空が青くお城が映えます。

二日目の予定はこんな感じ。

我ながらハードスケジュールです。

父ちゃんがんばんなきゃ。

車で北上すること一時間。

目的地付近に到着。

そうです。

天空の城竹田城に到着。

竹田城跡は、山城遺跡として全国でも

まれな完存する遺構であり、

虎が臥せているように見えることから

「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも

呼ばれています。

晩秋のよく晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、

但馬地方の風物詩となっています。

この雲海に包まれた姿は、

まさに天空に浮かぶ城を思わせ、

いつの間にか「天空の城」・「日本のマチュピチュ」

とも呼ばれるようになりました

この幻想的な風景を一目見ようとたくさんの人々が訪れるそうです。

登城ルートはいくつかあるらしいのですが

最近、この竹田城は大変有名になり

観光に訪れる人が増えたため

天守台近くまで行ける駐車場には

乗り入れが禁止され

無料だった登城も

入城時間が設定され

料金がかかるようになったのだそうです。

通常であれば

駅からぐるっと反対側に回って

天空の駅「山城の郷」から

シャトルバスに乗っていくのが最短ルートらしいのですが

①竹田の街並みから外れた場所にある

②シャトルバスの発車時間に合わせる自信がない

 

以上の理由から

最新の登山ルート

「駅裏登山道」を選択。

木村酒造の建物をくぐり

最近見なくなった

踏切を渡り

電車を見送り

寺町通りへ向かいます。

この通りを駅方面へ向かいます。

石屋さんなのかな?

ピカチュウにおはよう!

さっきまでおんぶしてたのに

興味の対象物があると

俄然元気になる。

よっつめのお寺の先に

駅裏登山道があります。

相当な上り坂が予想されるのですが

事前にそれをヨメさんに伝えると

「待ってる」とか言われかねないので

黙っておくことにします。

いきなり音を上げる三男をおんぶする長男。

けっこうな山

登る

登る

石垣もところどころに現れて

気分は盛り上がります

登って

ちょっと休憩

途中雨が降ってきて

冷たいんだけど

汗もかいてきて暑い。

なんだか修行のようになってきました。

後ろから追いついて追い抜いていった

外国人女性二人組を見つけた三男、

ここぞとばかりにスタスタ登り

その二人についていき

家族は置いてけぼり。

おいこら!

登れるんじゃないか!

なんとかかんとか30分ほどかけて

800メートルの登山道を登りきり

入城チケットを購入。

かなりのざんざん降り。

一人だけ体力を温存した三男が

先に先にと行ってしまうが

追いかける体力も気力もない4人。

ここからさらに

天守台まで200メートル

でも目の前に現れた石垣に

めちゃめちゃ興奮します。

この石垣の積み方は

石の形をわりかしそのまま用いた

野面積みといって

安土城などの石垣を積み上げた

石工集団「穴太衆(あのうしゅう)」が

用いた積み方なので

「穴太積み(あのうずみ)」と呼ばれています。

竹田城跡のナワバリは

天守台を中心に三方向に大きな曲輪を配置し

全ての曲輪は石垣で構成されており

「横矢」と呼ばれる

城壁に角をつけて敵を横から攻めるしかけがあり

それを連続して配置する

「雁行」というお城の作りになっています。

 

階段を登りきると

北千畳

見たかったこの眺め!!

ここから順路に沿って進むと

 

三の丸・二の丸と続きます。

今来た虎口から北千畳を振り返る

三の丸到着

さっき登ってきたのがこちら

ずいぶん高いところに来たもんだ。

二の丸

後ろに見えるのが天守台

あれ?

雨があがった・・・

いよいよ木道を通って

天守台へ!

アレレ???

いきなり日が差してきた!!!!

信じられない!!!

天守台より北千畳をながむ

すごい!

暑いくらいに天気が良くなってきた!

こんなことって!!

我が家の中の誰かが

歓迎されてるとしか思えない!!

南千畳方面

花畑方向には桜がひと枝だけさいていて

なんともきれいだった。

先ほどの外国人のお姉さんから

写真を撮ってもらう。

なんていい天気だ。最高〜!!

この景色見たら

日本のマチュピチュって言われるのわかる気がする。

この竹田城が築かれたのは

1441年と言われていて

山名氏と赤松氏の対立に際し

山名氏が最前線基地として築いたのが始まりだそうです。

よくぞこんなところに

お城を築いたもんだ!

と感嘆しきりです。

天守台をあとにして

南二の丸方面へ。

こちらからしか下れません。

ぐるっと回ると

南千畳へ繋がります

けっこう崖は怖いです

南千畳へ

ポカポカで気持ちいい

南千畳からみた天守台

どこから見ても見事です。

40分かけて登った道も

帰りは早い。

階段の石の隙間に咲く花を見つけた。

 

これなんの花??

帰ったら調べてみようねって行ってたら

これだ!

って次男が発見。

こぼれ種から花を咲かせたんだね。

その生命力ってすごいよねって言いながら

どんどん降る。

おんぶしたひと

おんぶされたひと

明暗くっきり

本当に不思議なんだけど

帰りの降りになった途端に

黒い雲が空を覆って

また土砂降り。

絶対に歓迎されてたんじゃない?僕たち。

 

観光案内所にもどると

ヨメさんは全く興味などあるはずのない

歴史資料室の説明シアターに座って動かない。

相当堪えたらしい。

 

 

土砂降りだから

やめない?

って言ったけれど

どうしても諦めきれなかった三男のお楽しみ

鯉ソフト(鯉の餌30円)を購入し

この顔

ダイナミックにぶちまける

けっこうな土砂降りの中

少々お土産を買い

次の目的地へ。

予定では9時出発予定だが

すでに11時半。

2時間半押し。

目的の場所へいけるのか?

この旅。

つづく。

 

 

 

 

ブログカレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930