元服式


2019年03月31日

長男と同じモデルで
色違いの時計を
次男へ贈った。

そう
我が家では10歳で
【元服】してもらうことにしている。

『キミを大人扱いするよ』

そんな思いを込めて
日野原先生の
『いのちは時間』を
僕なりに咀嚼して
手紙にしたためた。

経済的な問題は別として
精神的な決断や選択の権限を
子ども自身に移譲する。

つまり
子ども自身の意思を尊重し
「口を出さない」
「指示を出さない」
ことを誓う親のための儀式だ。

10歳になると
子どもといえども
頭の中には
論理的思考が組み立てられるという。

こうした結果こうなる。
だから今度はこうしよう。

そんなことがちゃんと
考えることができる年齢だ。

もちろん
少ない経験や知識の中での
判断や選択は難しい場合もあるが

その時は同じ男として
人生の先輩として

相談にはじっくりと
乗りたいと思う。

自分の行動は
自分で選んでいて
結果はその産物であると
しっかり分かってる!

と信じて

あとは彼がどんな選択し
行動していくのかを
楽しみに見守っていきたいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
”いのち”って何だろう。
”いのち”とは、
私たちが持っている時間のこと。
たとえば、人を殺してはいけないのは、
「他人の時間を奪うこと」だからです。
「あれもこれもできたはずの時間を奪うこと」だから、
他者を殺してはいけない。
人が亡くなるというのは、原因がなんであれ、
「その人に与えられていたはずの
”時間”が無くなってしまうこと」。
それが悲しいのです。
「時間を無駄にする」というのは、
言い換えれば
「いのちを無駄にしている」
ということに
他ならないのかもしれません。 
でも、「いのち」は「時間」なのだ、
と言われたら、
「時間を無駄にすること」というのは、
「あなたに与えらえた”いのち”を
ムダにしてしまっている」
ということだと君は気づくはずだよ。
だから、これから大人として
生きて行こうとする君には
自分の時間を今、
何に、どれくらい使っているのか
これから何に使っていくのか
誰のために使っていくのか
それをしっかりと自分で考えながら
生きていってほしい。
自分の時間(いのち)を大事に。
そして
相手の時間(いのち)も
大切にできるような人になれますように。
そんな願いを込めて
お父さんより時計を贈ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
壊れない
電池きれない
時間狂わない
そんな時計を選んだ。

あとは
なくさないといいなと
願うばかりである。

3月は
三男卒園
長男卒業
次男元服と
区切りの1カ月。

そして
明日はムフフ。

ブログカレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031