生まれてくれてありがとう


2013年05月06日

スマイルキッズ最終日。

5月5日子どもの日は、我が家の長男、

YU作さんの7回目の誕生日!

これまで我が家は

「誕生日は生んでくれたお母さんにありがとうと言う日」

と定義して、自分の好きなプレゼントを買ってもらう日ではないとして

僕がこっそり用意したプレゼントを渡していました。

 

しかし最近、「僕の贈りたいもの」と「YU作さんが興味のあるもの」

というものがチョットずれてきているようでしたので、

本人の意思を尊重し、

選んでもらうことにしました。

 

①おもちゃが欲しい場合・・・近所のおもちゃ屋さんへ行く

(ライダー、ヒーロー系。車、レゴ等々)

②ガンプラが欲しい場合・・・某電機屋さんへ行く

(最近親子ではまっている)

③本が欲しい場合・・・本屋さんへ行く

(絵本・図鑑等何でも良しとする)

 

さあ!どこへ行く?

と聞いてみると意外な答えが!

 

「図鑑が欲しい!」

とうことで一番近いT○TA○Aへ。

本人イメージ通りの絵本がなかったらしく、場所を移動。もう一軒の本屋へ。

そこで悩みに悩んだ挙句、

選んだのが

「世界の危険生物図鑑」

写真 2013-05-05 8 24 18これは・・・僕では絶対にありえない選択です。

写真 2013-05-05 8 31 03毒、キバ、爪などと、危険な動物がいっぱい!

こういうものにドキドキしていた子どもの時の自分の心を

師匠は思い出させてくれます。

 

この日は休みなので、山形の従兄が自転車に乗って遊びに来てくれました。

その従妹と一緒に、自転車に乗って

山形のばあちゃんの家までサイクリング!

写真 2013-05-05 10 59 30あとで聞くことによると、山形五十鈴まで

一時間半かけて無事到着したとのこと。

引率の義兄さん、ありがとうございます。

 

帰りはくたびれて車の中で爆睡。

やっとおきたら最近我が家の定番、

ケーキの手作りに挑戦です!

と言っても、買ってきたスポンジと生クリームを塗るだけですが、

今回は

「お母さんのために僕が全部やる!!」

と一人で完成。

写真 2013-05-05 17 33 49なんとか形になってきた?

写真 2013-05-05 17 35 10やっぱりそれでも味見は必要なようです。

 

そしてそして、

毎年恒例のお母さんへのお花の贈呈!

写真 2013-05-05 17 52 08

「お母さん!僕を生んでくれてありがとう!」

7回目の花束贈呈です。

毎年毎年、お母さんはとても喜んでくれます。

 

そして、夜には、

じいちゃんばあちゃんを招いてのささやかな

誕生パーティを開きました。

写真 2013-05-05 20 05 01手作りケーキにろうそく7本。

とてつもない幸せを感じます。

 

ふと、思いついて、

「YU作さん!誕生日の方から一言!」

と振ってみたところ、

何やらすらすらとしゃべりだした!!

 

あわててカメラを回してもう一度!!

YouTube Preview Image

 

なんとびっくり!

あなたが生まれた時のこと

はじめて抱っこした時のこと

熱を出してあわてたこと

ころんで作った大きなたんこぶ

幼稚園に行ってうまくやれるか心配したこと

すべてが昨日のことのように感じます。

 

7歳、いろんなことができるようになりました。

あなたに伝えたいことはたくさんあるんだけど、

今日はこの一言。

YU作さん、うちの子に生まれてくれてありがとう!

 

これからもずっとずっとよろしくね!

 

入学おめでとう!


2013年04月10日

今日は長男YU作さんの小学校入学式。

雲ひとつないポカポカ陽気の朝。

まるで今日の日をお祝いしてくれているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日じいちゃんばあちゃんからもらった

お気に入りのランドセルを背負い、

一張羅を着て万全の態勢で臨みます。

写真 2013-04-09 9 04 09

そしてなぜか、

出勤してきたR子さんにランドセルを背負わせることに。

写真 2013-04-09 9 05 05

けっこうノリノリのR子さん。

写真 2013-04-09 9 08 01

いつもどおりにお店の前で記念撮影。

次男JUN平さんは朝からじいちゃんばあちゃんのところで

お留守番です。

さて、到着した小学校、天童市立天童南部小学校は

僕の母校。

昇降口からトイレに廊下と、

20数年ぶりに立ち入った学校に、

遠い昔の忘れていた記憶が蘇ります。

わが子が自分の過ごした空間と同じ所で、

同じ年月を過ごす・・・。

なんとなく言いようのない嬉しさがこみ上げてきます。

さて、入学式がはじまり、

先生に連れられて入場。

在校生の中には、近所の兄ちゃんお姉ちゃんや、

うちのお客様の子どもさんといった

いつも見る顔がたくさん!

地元で商売をやっていてよかったと思う瞬間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんともにこやかで物腰の優しい先生です。

やんちゃなわが子をうま~く御してくれていました。

本当にYU作さんはいつも先生に恵まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

行進中だってば!

そういえば僕が小学校の頃は両親が揃って学校に来ることなんて

一回もなかったなぁ。

仕事を持つ母親が来てくれるのがうれしくって、

楽しみだったのを思い出しました。

三男YO介さんも一緒に出席。

外に出ると大人しいです。この子。

写真 2013-04-09 10 41 38

そしてなんとびっくり!

校長先生は、この春から、

毎年寄り合いでお酒を飲むよく知った間柄の

我が家の隣組のK藤さんが就任。

ご縁ってすごいです。

さて、教室に入り、

初めてのホームルーム。

写真 2013-04-09 9 30 27

小学生になったからと言っていきなり大人しくなるはずもなく

積極的に手をあげ、我こそは!と発言するYU作さん。

僕は小さい頃こんなんじゃなかったよな~。

写真 2013-04-09 11 55 42

真新しい黄色い帽子にランドセル。

これから始まる学校生活。

どんな楽しいことが待ってるんだろうね!!

写真 2013-04-09 12 01 21

澄みわたる大空 仰ぎ見る舞鶴山

花が咲き そよ風香る

ここに学ぶ我ら

どこまでも 素直に伸びる

ああ 南部小学校

この校歌がぴったりの春穏やかな一日でした。

YU作さん、入学おめでとう!!!

PS:うすうす感じてはいましたが、

  予想通りというかなんというか

  やはりこのようなものをいただきました。

写真 2013-04-09 23 03 27

おそるべし、地元、先輩、囲い込み・・・。

ガンバリマス。

祝!卒園!


2013年03月21日

今日はとうとううちの長男YU作さんの卒園の日。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

午前中だけはR子さんにお店をお願いして、

 

一家そろって参加です。

写真 2013-03-20 8 49 59

 

幼稚園に着くなり、友達と仲良く遊びまくるYU作さん。

 

いつもに増してハイテンションです。

離れ離れになる寂しさを紛らわすように・・・。



写真 2013-03-20 9 36 54写真 2013-03-20 9 01 27

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さて、式では、いとうの「い」が一番最初で、

卒園児の中で一番目にYU作さんが修了証書をもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

全然知らなかったので、カメラの準備が間に合わず・・・。

 

写真 2013-03-20 10 00 28

 

一番いいシーンはシャッター間に合わず。

 

なぜか僕は最前列の一番卒園児に近い場所。

今年は実はPTA会長をさせていただいており、

「来賓」ということで、祝辞を述べさせていただきました。

 

 

==========================

皆さんこんにちは。

みなさんはとっても聞く姿勢がいいので、
明日から小学校に行ってもいいくらいですね。
名前を呼ばれたら、「はい」という返事や
証書をもらって「ありがとうございます。」ということば、
どれをとっても人間として大切なことが
しっかりできているのですごく立派だあと思います。。

今日はみなさんは終了証書をもらいましたね。
みなさんの名前がここにかかれてあります。

そして、次に生まれた日がかかれてあります。

これらはみんな違います。

そして、名前はこの6年前にみんなが生まれたとき、
お父さんやお母さんが、あなたたちの幸せを願って、
一生懸命考えた、最初のあなたたちへのプレゼントでした。
命に名前をつけるというので「命名」といいます。

たんなる名前ではありません。
そのプレゼントには大事な大事なおまけがあります。
それは、お父さんやお母さんの願い、夢、希望という
すてきな思いが入っているのですよ。

だから、これまでの六年間、何回もあいさつや呼びかけで
このプレゼントが呼ばれたとき、「はい」ってりっぱに
返事をするのはその願い、夢を確かにうけとりましたよ。
っていうおまけにも返事をしていたのですよ。

さて、6年前のあなたが生まれた日は、
どんな日だったかなあ。今日のような天気かなあ?
雨だったかなあ、雪だったかなあ。

お母さんのお腹の中で、約一年間も大事に育てられ、
そして、出てくるときは、お母さんは、
痛い痛いってすんごくたいへんだったけど、
あなたたちが生まれてきたとたん、
「生まれてきてくれてありがとう」って
とっても喜んで、苦しかったのを忘れたのですよ。

あなたたちが熱を出してたいへんだったときは、
おとうさんも仕事をやすんでめんどうみたり、
よる、泣いて寝れないときはだっこをして、
子守歌をきかしてくれたと思います。

一人ではおおきくなれません。
だから、今日はおうちに帰ったら、

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんに

産んでくれてありがとう、
育ててくれてありがとうっていおうね。

おかげさまで幼稚園を卒園することができました。

ありがとうって言ってくださいね。

 

会長さんからのお願いはこの一つだけです。

今日は卒園おめでとうございます。

 

以上です。

 

===================================

 

こんな話を

少々抜けたりしましたが、

一生懸命これから巣立つ子どもたちに話させて頂きました。

 

写真 2013-03-20 10 46 51

 

 

泣きだす子に、すすり泣く親の声、

何とも言えないあったかい気持ちになりました。

 

式が終わり、今度はPTA主催の先生方とのお別れ会。

 

写真 2013-03-20 12 38 42

 

事前に内緒で担任の先生へと

メッセージを描きました。

写真 2013-03-01 15 40 29

 

なんともならないキカンボのYU作さんを

あたたかく、のびのびと見守ってくださった

M幸先生、Y先生、

本当にありがとうございます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

例年の流れを参考にさせてもらいながら、

年長組PTA役員が一丸となって・・・

というより、お母さん方が、本当に本当に

一生懸命に一生懸命に準備をしてくれました。

そしてサプライズに

園児みんなで「たいせつなともだち~ようちえんVer~」

を歌いました。

写真 2013-03-20 12 38 38

 

この歌知ってる人もいるかと思いますが、

とにかく子を持つ親としては涙無くしては聞けない歌です。

写真 2013-03-20 12 38 27

 

 

ポロポロ・・・泣き出しちゃったYU作さん。

体は大きく、

心は優しく育ってくれてありがとう。

 

「年長の役員は大変だからしないほうがいいよ。」

なんて噂が流れ、役員選考には随分手間取った様子の今年。

 

通常はこのお別れ会で全日程終了のはずが、

PTA役員プラスその他父兄と共に、

担任の先生を囲んでの飲み会を開催しました。

 

たかだま幼稚園では初めてだそうです。

その場を借りてしっかりと、

先生方への感謝の意と、

がんばってくれた役員のみなさんへの労いのお酒を

一人ひとり注がせていただきました。

 

あまりにも楽しくって、

「毎年開催しよう!」ってことになりました。

子どもを通じて親同士がつながる。

こんな素晴らしいことってありませんね。

 

まずは3年間大変お世話になりました

S藤園長先生をはじめとする先生のみなさま、

担任をしてくださったM幸先生、Y先生、

ありがとうございます!

 

まだまだ二男三男続きますので

これからもお世話になります!!

写真 2013-03-22 10 15 07写真 2013-03-22 10 17 32

 

 

 

 

独立記念日


2013年03月07日

今日は僕にとって
忘れられない一日。

高校卒業して3日後、
理容師を志して東京へと旅立ちました。

地元の仲間や、
家族と離れる寂しさ。

仕事、専門学校。

これから始まる新しい生活に
夢、期待、不安の入り混じる複雑な気持ち。

毎年この日になると鮮明に思い出します。

まさに今思い返しても

初めて自分の人生を選択し、
一歩を踏み出した日。

この日こそ、
自分にとっては間違いなく
独立記念日。

あれから20年。

あの時のの18歳の自分に言ってあげたい。

心配すんな。

目の前の事を一生懸命やるんだぞ。

あなたの未来は限りなく明るいから!

春は様々な思いや感情が
飛び交う季節。

あの時の気持ちを忘れずに、

今、人生のはじめの一歩を踏み出そうとしている

学生、新社会人たちの

背中を押してあげたいなと思います。

今晩は、

東京の師匠へ、

20年前の御礼と、現状の報告の

電話をかけます。

明日から
21年目、初心を忘れずに

自分の夢が形になったこのお店で

これからも顔晴って行きたいと思います!!gaikan2

お食い初め


2013年01月15日

今日で我が家の三男、

YO介さんは生まれてちょうど100日目!

ちょうど月曜日だったので

家でゆっくりと

「お食い初め」を行いました。

 

まあ、本人はまだ食べられないんだけれど、

尾頭付きの魚に、

赤飯に煮物といろいろT子さんが料理してくれました。

写真 2013-01-13 19 28 04

 

この日はなんと!

成人の日だったので、ラッキーなことに

鯛の尾頭付きを手に入れてきたT子さん。

 

長男YU作さんの時は

「お食い初め?ナニソレ?」

って言ってて、

伊藤家の実家にご馳走になりに行ってたT子さんも

さすがに三度目ともなると、

きっちり手料理を作って祝ってくれました。

 

ありがとう!T子さん!

YU作さん、JUNへいさんも

お兄ちゃんになって100日。

嬉しかったこと、寂しかったこと、

そして我慢をしたことたくさんあったね。

 

それでも、

我が家に赤ちゃんが来て、

嬉しくって、楽しくって、

そして可愛くって可愛くって

自分の役割をキッチリと果たして

成長してくれたお兄ちゃん達も

本当にありがとう!

 

そして、我が家に来てくれた天使、

YO介さん。

生まれてくれてありがとう!

できたらお父さんは

この可愛いまんまでいてほしい、

あんまり早く大きくならないで欲しいな・・・

 

なんて思ってしまうよ。

まずは100日、おめでとう!!

JUNちゃんおめでとう!


2012年12月27日

今日は次男JUN平さんのお誕生日!

 

早くも4歳になりました!

 

クリスマスに引き続き手作りのケーキでお祝いです。

先日の経験を活かし、

トッポは刺されなかったようで、とっても美味しそう!

 

JUN平さん。

あなたが生まれた時も

こんな大雪の吹雪の夜だったんだよ。

お母さんは寝ているお父さんとお兄ちゃんを置いて

一人で車運転して病院に行ったんだ。

すごいでしょ?

あなたは3700gを超す大きな赤ちゃんで

純粋な心を持って

誰にでも分け隔てなく公平に接することのできる

人間になって欲しいとの願いを込めて

「純平」って名前をつけたんだよ。

おっぱいが出なくって、

乳首が切れて痛くて痛くて苦しんでいたお母さんも、

あなたが一生懸命に吸ってくれるのが

嬉しくって、可愛くって、

痛いのもどこへやらと飲ませてくれたんだよ。

 

お父さんは、

兄ちゃんとおんなじ顔の子が生まれてきた~??

って笑ったけど、

やっぱり嬉しくって泣いてしまったんだ。

今思えば、少し精神的に追い詰められて余裕をなくしていた時期に

生まれてくれたあなたを。

お母さんのおっぱいだけで育つあなたに

ミルクを上げることができないのが少しさみしかったけど、

抱っこするとき、お風呂に入れるとき、

おしめを替える時がお父さんが癒されるひととき。

 

病気も怪我もせず

本当に手のかからないおとなしい孝行息子。

今年から幼稚園に行って

たくさん友達が出来たって嬉しそうに話してくれるけど、

去年あたりは外へお出かけすると

お母さんから一時も離れることができなかったのにね。

 

二つ違いの兄ちゃんに鍛えられ、

毎日喧嘩して毎日泣かされて・・・

いつもまだまだ赤ちゃんキャラの抜けないあなたも、

10月にはお兄ちゃんに。

 

病院に赤ちゃんを産みに行くお母さんに向かって

「おかあさん、今まで一緒にいてくれてありがとう」

この一言は、

自分だけのお母さんからの卒業宣言だったのかな。

 

今まで独り占めだったお母さんを取られて

病気何かしたことなかったのに

2ヶ月で三度も病院に連れて行ったよね。

 

それでも、YOちゃんを可愛がり、

怒られるお兄ちゃんをかばう優しい子に育ってくれて

本当にありがとう。

 

JUN平さん、

生まれてくれてありがとう。

あなたに会えて良かった。

誕生!!


2012年10月06日

ご報告です!

 

10月5日18:00ジャスト。

3652グラム

伊藤家三男

誕生しました!!

 

4日午前、定期健診に行ってきたT子さん、

すでに3500グラムを超えている赤ちゃん。

あまり大き過ぎると生むのが大変になるということで

JUN平さんの時にも効果絶大だった

【おまじない】をしてもらってきたとのこと。

 

JUN平さんの時は

【おまじない】をしてもらった

その日の夜から陣痛が始まり、

日をまたいで夜中に生まれました。

 

ということは・・・

4日の夜に生まれる???

とドキドキの緊張感の中、眠れぬ夜を過ごして

5日を迎えました。

 

朝から出産が近付いてきているのを肌で感じているT子さんは

テキパキと掃除や片づけと、

自分が入院中の準備をしていました。

そしてお昼過ぎ、陣痛らしきものが来た!

ということで病院に電話。

すると

「2時半からの外来に来て診察を受けてください」

とのこと。

2時半まで待って、病院に行くとあれ、あれ、

大混雑。

一瞬お店に戻って30分後に病院に戻ると、

T子さんから電話で

「今すぐ来て」

待合で待っていたので歩いて陣痛室へと移動するT子さんを発見。

聞くと内診中に破水したとのことでした。

そして、陣痛室滞在15分ほどで分娩室へ。

 

この日はまたまた大混雑で

分娩室が空いておらず、

手術室での出産となりました。

 

三度目の立ち合いになりました。

そして2時間後、

無事誕生!!

何度経験しても、

 

がんばれとしか言えなずに

自分は何もできない無力感。

そして

僕の子を命がけで生んでくれるT子さん対して、

感謝という言葉では表せないような

ありがたい、愛おしいような

そんな感情から、涙が溢れてしまいました。

泣き顔の二人。

そして

実家で預かってもらっていた

兄ちゃん二人が小躍りしながら

参上!!

まずは二人とも抱っこのおねだり!

初めてお兄ちゃんになったJUN平兄ちゃん。

 

そして

お兄ちゃん歴3年で余裕のYU作兄ちゃん。

10月でもランニングシャツ。。。

 

「おとうさん!名前は~?」

 

「この子はね、YO介さんだよ!」 

 

「YOちゃん!生まれてくれてありがとう!」

 

最高にハッピーな一日になりました!

これからもっともっとにぎやかになります(笑)

 

入院中、仕事に家事に育児にと

大車輪の活躍が求められる父ちゃん。

 

うまくできないことあるかもしれないけれど、

がんばる姿を二人の兄ちゃんには見せておきたいんだ。

そして、

いつも当たり前にいてくれてたくさんのことをしてくれている

お母さんの存在の大きさを感じてほしい。

 

そして、

T子さんとYO介さんは、

誰に気兼ねすることもなく、

母子の一番甘く、幸せな時間を過ごしてもらいたいな。

 

とりあえずとおちゃんがんばるぞ~!!

三人目ともなると

「あ~、泣いた~❤」

って二人して笑いながら喜んでます。

これが三人目の余裕ですネ。

 

 

9周年!!!


2012年07月25日

今日7月25日は

理髪館いとうの9回目の誕生日です。

本当にたくさんの人に支えてもらって

今日まで歩いてくることができました。

 

思い返せは9年前、

 

期待と緊張とで初めて一睡もできない夜を過ごし、

9時の開店を前に

どこもかしこも新しく、

汚れてなどいない店内を

6時から掃除し続けました。

 

初めてのお客様が入ってきてくれた瞬間の

あのうれしさは忘れることができません。

お客様は名前でお呼びしたい!

と思ったけれど、

一か月、2ヶ月後に再びいらっしゃるお客様の顔を

覚えるためにカルテとにらめっこ。

 

最初はお客様の総数が少ないので

本当に暇な日が多く、

それでもチラシを配ったり、

はがきを書いてみたりと

もがき続けた日々が本当に昨日のようです。

 

それに比べ、今は

何度もご来店いただき、

気心の知れたお客様と

楽しく会話できること、

うちを選んでくれる方がこんなにもいらっしゃることに

毎日感動を覚えています。

 

ある方が僕にこんな言葉を送ってくれました。

 

「千日を以て初心とし

 万日を以て極みとす」

 

1000日というと2、7年。

約三年は本当に初心で過ごしている。

最初の三年間に感じたこと、

思ったこと、情熱を決して忘れてはいけないと

心に誓いました。

そして

10000日というと27年。

 

僕は理容の道に入って

20年になりますが

まだまだ修行が足らんということです。

これからも日々感謝と精進をしていきたいと思います。

 

毎年記念日には

お客様にお手紙を渡しています。

謹呈:謹んでモノや言葉、そして心を差し上げること。

 

今回はこんな風に感じています。

仕事のベクトル

 

本当に本当にありがとうございます!!

 

PS:仕事をしていると・・・

  お花が届きました。。。

  差出人は僕の両親。

 

一番面倒をかけて

一番心配かけて

それでも一番自分のことのように喜んでくれている

この両親の想いに応えるためにも、

この両親に

「この子を産んでよかった!」

といってもらえるような生き方を目指して

これからも顔晴って行きたいと思います。

 

 

海②


2012年07月24日

今日はお休みだったので

また海に来ました!

朝9時に到着した十里塚海水浴場は

まるでプライベートビーチ!

 

お昼頃にはポツポツ増えて、

それでも8組程度。

 

思う存分遊んでくれ~!

 

砂を投げるだけで楽しい楽しい!

と、

砂浜の中から

カニ発見!

なんでも「キンセンガニ」という種類だそうで、

砂の中にササっと潜りこむのが大の得意。

 

YU作さんとJUN平さんと

一緒になってカニとりです!

初めてみるキンセンガニに

興味津津!

自分もカニやヤドカリ、魚なんか夢中で捕まえたっけ。

 

そして戦果はこの通り!

そしてお決まりの「持って帰る」コール。

そこであらかじめ持って行った水の生き物図鑑を見て

「住んでる場所から離れてはなかなか生きていけない」

ということを説明すると

なんとか納得してくれました。

そして海に帰してあげました。

カニさん、よかったね!

 

帰りの道中はぐっすり眠って全く起きない二人。

実は今日は

僕とT子さんの結婚記念日。

 

8年前の今日、

高校の同窓生ながら面識がないまま、

知人の紹介というご縁でつながり、

ちょうど一年後に入籍。

 

それから7年がたちました。

 

知り合うまでに

二人の間でご縁をつないでくれた方が

本当に多く、誰一人欠けても

決して会うことがなかったと思います。

 

誰一人欠けても

決して生まれてくることのなかった

奇跡の結晶のような二人の子どもを授かって

本当にしあわせだなと思います。

 

これからも人とのご縁を大切にし、

目の前の人に感謝していきたいと思います。

 

T子さん、

出会ってくれてありがとう。

あなたに会えてよかった。

 

 

 

 

 

生んでくれてありがとう


2012年05月29日

桂島から急いで帰り、

向った先は僕の実家。

 

僕は5年前から
必ず誕生日にしていることが一つだけあります。
それは
お腹を痛めて命がけで自分を生み、
見返りのない愛情を溢れるほど注ぎ、
せっせと世話をし、育ててくれた
母親の【足】を洗う。
ただそれだけです。
感謝の原点は親孝行。
きちんと母親の目を見つめ、
「僕を生んでくれてありがとう!
お母さんの子に生まれてよかった!」
と言えて初めて、
感謝の本当の意味をいうものを知ることができると
以前聞いたことがありました。

 
はじめは、

一回目はすごく気恥ずかしいし、
照れ臭かったのだけれど、
「いいからちょっときて」と
いつもと違った様子の僕を見て
不思議がる母親も
お風呂場で洗面器にお湯をためると、
事態を察し、足を洗い始めると、
「ありがとう。気持ちいいよ。」
と言いながら、泣いてる?ようでした。

 
確認はできませんでした。
何故なら僕も泣いてしまって顔を上げられなかったから。
自分をおんぶしながら仕事をし、
寒い冬も一日も忘れることなく食事を作るために
早起きをし、走り回ったおかげで、
いつの間にかかかとはひび割れ、
爪も変形してしまっている
お世辞にもきれいな足とは言えない母親の足を洗いながら、
「この人がいなければ
自分はこの世にうまれてくることはなかったんだな。
おかあさん、うんでくれてありがとう。」
との思いが溢れ、込み上げてきました。

 
そして今後、
 決してこの人を悲しませたりしないぞ、

この人を困らせないぞ、


 この人から頂いた命と、体を使って


 一生懸命に生きて行くぞと心に決めました。


それからは
毎年僕の誕生日は
実家へ行き、母親の足を洗っています。
今日も母親に「うんでくれてありがとう」と
言うことができました。

 
こんな息子でも
「私の子に生まれてくれてありがとう。」
といつも言ってもらえるのがうれしくって。

 
【おかあさん
   僕を生んでくれてありがとう
   育ててくれてありがとう
   おかあさんの子に生まれて
   本当に幸せです!】
夜は家族で奥さんの作ってくれた手作りギョーザで
ささやかなパーティー。
プレゼントは【ガンプラ】


父ちゃんうれしいよ~!
書いている間に日付は変わってしまいましたが、
最幸の誕生日になりました!
長文最後まで読んでくださり
ありがとうございます!
伊藤規雄

1 / 212