超デュエマフェス参戦!


2017年12月17日

あまり載せて

こなかったんだけど

40になって始めたことがある。

それはカードゲームの
【デュエルマスターズ】
デュエマ である。

テレビゲームを与えない

我が子たちの間で

大分前から流行ってて

『お父さんもやろうよ!』

と言われてルールを聴いても

チンプンカンプン。

『無理だ…さっぱり分からん…』と

すぐに挫折。

それでも

『お父さんやろうよ!』

と言われて二度目のチャレンジ。

基本的なルールは

なんとか覚えた。

それでも

まだ高いハードルがある。

何千枚とあるカード1枚1枚に

書いてあるテキスト(効果)があり

それを覚えてないと

話にならないどころか

子どもたちはその効果を

組み合わせて(コンボ)

まで使ってくる。

『こんなの全部覚えられるか!!』

半分逆ギレして

またしても挫折。

それでも

『お父さんできるよ!僕たちも出来るんだから』

『イヤイヤ…君たちは出来るけど、父ちゃんは出来ないよ…』

と子どもたちとやりとりした後

ふと考えた。

ホントに大人は出来ないのかな?

独特の単語がたくさん出て来る。

それをひと通り覚えるまでが

大人にとってまずはハードルだ。

ルールや書いてあるテキストの

ひとつひとつは

理解出来ない訳じゃない。

しかし

コスト、マナ、パワー、文明等々

目の前の膨大な情報を

全て頭に入れないとと思うと

【ひるむ】のだ。

大人(自分)はどこか

【こんな労力払ってまでカードを

覚えてやるのはバカくさい】

と思っている節がある。

自分の中の『出来ない』とか『無理』

とかいう考えを一旦置いておいて

子どもを先生にして

ひとつひとつ単語を覚え

ひとつひとつカードの種類や

効果を覚え

自分の好きな40枚を集めて【デッキ】

を作り、その効果を組み合わせる

デッキ構築も覚えた。

覚えたから勝てるかといったら

そういう訳にはいかない

何事にも

【コンセプト】と【戦略】が

大事だと気づかせられる。

背中を押されてイヤイヤはじめた

デュエマも勉強に

なるところがたくさんある。

子どもたちのアタマの柔らかさや

回転の速さに比べ

自分の思考がなんと硬いことか…

とガッカリしながら

なんとか覚えた。

あれから3年。

公認イベント

【超デュエマフェス】

に参加してきました!

小学生から20代前半の

体育会系では全くない子に

混ざるオッさんは僕1人。

心の中は

初参戦でドキドキです。

〜ここからはちょっとその世界の人しかわからない話なので興味がない人は飛ばしてください〜

長男次男は

大人と当たり一回戦負け。

僕のデッキは白緑メタリカ。

一回戦中学生と。

妨壁が刺さって

究極デッキに2連勝。

2回戦は6年生の

赤白レッドゾーンに

1-2で完敗。

一戦目は勝った!が

相手は1戦目は

様子見だったらしい。

場に出た僕のカードを確認し

いける!と確信した彼。

2戦目3戦目と

僕はほとんど

何も出来ずにボコボコに。

いつも子どもたちや

遊びにくる友達としか

やったことなかったので

悔しいけど

上には上がいるって

再確認です(^◇^;)

もともと

カードゲームだけじゃなく

ボードゲームやテレビゲーム全般

全く不得意な自分が

一つ勝てたなんてビックリだし

すごく嬉しい

長男次男の友達に聞いても

デュエマ できる親って

ほとんどと言っていいほどにいない。

うちの子たちは父親が

自分の好きな遊びで

一緒に遊んでくれるのが

すごく嬉しいと言って 

喜んでくれている。

子どもたちに乗せられて

新しい世界を

覗かせてもらったのは僕の方だ。

しかし…

まわりのお兄さんたち

アタマの回転はベラボーに早く

アタマいい子ばっかりだけど

『この熱意を勉強や仕事に注げば…』

と思ってしまうのは

おっさんのサガなんだと思った(^◇^;)

はじめてのVer.Ka


2017年12月17日

近所の電気屋さんの

開店セールで買って

積みっぱなしだった

MSN-06s

SINANJU STEIN

シナンジュスタイン 

Ver.Ka

2年の時を超えて

やっと完成!

今回も外装中心に

缶スプレー塗装。

白はパールホワイト

グレーはチタンシルバーで

ピカピカながらも

ちょっとシックな

イメージで( ^ω^ )

コレから仕上げに

クリア吹いて

水転写デカールを。

ボディは作ってて

惚れ惚れするくらいに

カッコいいのに…

頭だけが…

なんとなく残念な印象だ。

カラダは連邦系

フェイスはアゴ付きの

ゼータ顔

なのに

頭だけがジオン系の

鎧兜ヘッド。

買ってから

組み立てるまで

なんとなく感じてた違和感は

【ツノがないからだ 】

というのが

僕の結論。

顔は人形の命

というのは

ホントだなと思った(^◇^;)

近々ちょっとイジる予定♪(´ε` )

#シナンジュスタイン 

#シナンジュのチタニウムフィニッシュ欲しい 

#ガンダムuc 

#ガンプラは自由だ

サンタパスポート


2017年12月14日

この時期の読み聞かせは
【サンタパスポート】

ある日サンタさんから
いいこと100個しないと
プレゼントもらえません!

という手紙が届いたら?

って話を三男に読んだ。

最初は面白くて
ゲラゲラ笑ってたけど
途中からちょっと
切ない流れになると

涙ポロポロ流してた。

結果、
いいこと(人が喜ぶこと)
を探すようになった( ^ω^ )

さて、クリスマスまで
あと10日

我が家の3人は
100個のいいことが
出来るでしょうか(^◇^;)

#サンタパスポート
#絵本作家のぶみ
#いいこと100こしないとプレゼントもらえない

毎晩三番勝負


2017年12月13日

一日一回、

三番勝負やって勝った方に

デュエマ のカードを

1枚やる!といったら

毎晩

めちゃくちゃ白熱してる( ^ω^ )

将棋教室に通いはじめた次男と

地頭の回転で挑む長男は

今のところ勝ったり

負けたりいい勝負

でも

基本から習ってる次男の

成長ぶりはめざましく

長男を抜くのは時間の問題かも。

さて、兄はそれに耐えれるのか? 

しかし

近づけばケンカばかりの2人が

将棋だけはケンカにならないのは

将棋の持つ

【礼を重んじる精神】

の為せる業なんだなあと

感心する父ちゃんであった。

部品注文してみた


2017年12月11日

【はじめてのパーツ注文】

ガンプラのパーツ無くなって

というか捨てちゃって

初めてパーツ注文してみた。

部品1個60円×4個=240円

梱包

送料200円

合計440円を

定額小為替400円分と

切手40円分を封筒に入れ

82円切手を貼り

手数料100円を払う。

240+200+100+82=622円

ポストに投函して

もう一度確かめてみると…

ん?

マジか!?

ぐおー!!

部品番号間違えたー!!!

PS:説明書には

【お客様都合の返品変更は出来ません】

とバッチリ書いてあるんだけど

なんとか変更出来ないか

交渉してみようと思う(^◇^;)

ライバル


2017年12月10日

将棋教室に通いはじめ

指したくて指したくて仕方ない

次男の前に格好のエモノが。

将棋好きなお客様がご来店。
お友達のおじいちゃんです( ^ω^ )

年の差なんて

お構い無しに

30分超えの真剣勝負!

今回は

経験の差が出たようですが

来月の再戦を

約束した2人。

お付き合いいただき

ありがとうございます♪(´ε` )

参加者決定!


2017年12月08日

第8回夢をありがとう

今年の10名の参加者が

決定しました( ^ω^ )

当選者には
順次2次案内を
発送します。

どんな夢を描いて来てくれるのか
今からすっごく楽しみ!

※今回参加できなかったお友達
ゴメンなさい!

長男の自由な休日


2017年12月08日

先週の日曜のこと。

空手の昇級審査会があり
受ける資格のある次男と
基準に満たず受審見送りの長男。

前回の審査では二人で電車で

帰ってくるというミッションを

見事にクリアした経験があるので

内弁慶の次男にハッパをかけ

「一人で電車に乗って

帰ってこれる?」

と聞くと

「できない」

というので

長男に付き添いを頼み

二人を霞城公園内の

県武道館へ送り届ける。

次男だけ審査会場へ。

審査は11時〜15時くらいまで

筆記、組手、型と

食事を取らずにやるようで

その間、長男は武道館の片隅で

自分なりに時間を過ごし

次男の終わるのを待つ・・・

はず…

だと…

僕は思っていたのだが

ヨメさんから電車賃二人分と

その他に飲み物や食べ物にと

1000円を貰った彼は

県武道館からすぐに立ち去る。

道場の友達と会うと

何故審査を受けないのかと

聞かれるのが

バツが悪かった模様。

山形城の

東大手門へ移動して

櫓を見学、その後

最上義光歴史記念

(入場料無料)で

クイズに答えて

クリアファイルと

100名城スタンプをゲットし

そこからまた歩いて

霞城セントラルの

産業科学館に行き

興味のあるところを

気の済むまで見学。

その間、喉が渇いて

100円のジュース?を

2本飲んだ。

(残金800円)

歩いて

腹の減った彼は

僕何度か連れて行ったことのある

山形西口の【中華料理孫悟空】に

一人で入店。

お気に入りのメニュー

肉うまに飯(650円)を

注文しようとしたが

帰りの電車賃が

足りなくなることに気づく。

(山形駅→天童南駅・子供一人120円

2人で240円)

そこで自分が今使えるお金が

500円であることを

店のおんちゃんとおばちゃんに伝え

500円で食べれるものがないか

肉うまに飯500円分だけ

出してくれないか

お願いしたところ

僕の子だと分かっている

おんちゃんおばちゃんは

かわいそうになって

「いいよ!500円で!」

と値引き交渉に応じてくれたらしい。

なんと長男は500円で

650円の肉うまに飯を平らげ

その他にお茶とアメとミカンと

お菓子までご馳走になり店を後にした。

(残金300円)

そしてまた審査会場に戻り

先に審査の終わった友達を

最上義光記念館に連れて行き

ガイドする。

一通り友達と見て回った後

時間を見計らい武道館に戻り

審査の終わった次男と合流。

駅に向かうも3:56の

電車の時間には間に合わず

4:22分の電車で帰ることに。

電車を一本遅らせた

おかげでできた

およそ30分の空き時間で

十日町の

「カードショップシーガル」に

行こうと本気で検討したらしいが

歩いて行くには時間が足りない!

と判断し

次男と一緒に山形城の堀を見学して

ジュースを飲みつつ駅に到着。

(150×2=300円残金0!)

ここでお金も尽き

帰れないはずだが

実は、こっそり次男にも

お金を渡してあったことは

長男には伏せておいた。

ことば巧みに次男のお金を

自分の意図するように使わせる

アタマの回る長男には。

そして

5時半ごろ二人で

天童南駅から歩いて帰宅。

という一日だったらしい。。。

せいぜい武道館の階段付近で

持って行ったマンガや本を読み

退屈な時間を過ごして

弟が終わるのを待ち

駅までの道を歩くくらいだ

と思っていた。

しかし長男の行動力は

父ちゃんの想像を大きく超え

彼は付近の施設の位置関係を把握し

好きなところへ行き

食べたいものを食べ

山形の自由な休日を

満喫してきたのだった。

小さい頃から

ピューっとあっという間に

どこか見えなくなるまで

走っていなくなってしまう子だった長男。

11歳になり

行動範囲をさらに広げた彼を

今度は一人旅にでも

出してみようかなと思う。

お母さんが帰ってきた


2017年12月06日

今日の朝ごはん

長男の

スクランブルエッグチーズ入り

ソーセージのせ
次男の
タマネギとほうれん草の味噌汁

三男はタマネギうまいうまいと

食べるので

そのリクエストに応えた

次男は優しいと思う。

なんとかバタバタしながらも

3人学校と幼稚園に

出したのであとはゆっくり…

出来るわけなく

大量の洗濯物と洗い物片付けて

今日は朝から仕事の予約。

うちのヨメさんをはじめとする

世の中の働くお母さん

心から尊敬します。

この日は朝から一人で大充実。

なぜか不思議とヨメさんがいないときに限って

忙しい。

スキマ時間で晩御飯の支度をしたが

予想外の出来事。

帰ってきた子どもたちが全員

「おなかすいた〜」

と言われたが、材料もなければ

買いに行く時間も

作る時間もない・・・

かくなる上は

必殺の「1000円やるから三人でヤマザワでなんか食ってこい」

今晩の夕食は

カラーのお客様の待ち時間で作った

父ちゃん特製のエビチャーハンと

野菜たっぷりギョーザスープ

母ちゃんいなくても

オトコたちだけでも

しっかりやれるんだってことを

見せつけたかったけど

いつもお母さんは

こんなにたくさんのこと

しててくれたんだなぁとしみじみ感じる。

お客様が帰ったのが8時頃で

そこまでお風呂と片付けは完了。

まさかこんなに遅くなるとは思っていなかったが

お母さんが帰ってきた!

横浜の叔母さんのところに 

一泊で出かけたヨメさんが

帰って来た。

お母さんに抱かれた三男は

やっと安心して寝た。

叔母さんの家から

将棋盤を

もらってきたのだけれど

なんとそれには

大山康晴十五代永世名人

の直筆サインが∑(゚Д゚)

やっぱり

お母さんがいてくれた方が

いい!

子どもたちは

そういう結論♪(´ε` )

3 / 12312345...102030...最後 »