いでこ


2018年02月14日

やらなきゃ
やらなきゃ
そう思いながら

手を付けてこなかったことって
たくさんある。

個人事業主は誰も守ってくれないから

自分のことは自分で考えていかないとね!

米沢雪灯籠祭り


2018年02月12日

今日は振替で子どもたちと一緒に休み

以前は第二月曜は

紅花ホームがあったのですが

子どもが小さい僕たちに

気を利かせてくれたのか

旗日は開催しない方向で決まりました。

ですので今日は天童高原でスキーでも!

という予定でいたけれど

どうも天気が悪いようで

朝起きると今期一番?くらいに雪が積もっている。

家族全員総出で1時間半かけて

駐車場の除雪完了。

本当は朝9時から11時までの

午前中ハーフチケットにして

午後からはゆっくり・・・

のつもりだったけど

突然口を開いたヨメさんは

「米沢雪灯籠祭り行きたい!」

「冬の米沢雪すごいよ。道路も怖いし嫌だ!」

懸命に反対しても

こうなった彼女はもう誰にも止められません。

途中の南陽米沢道路で

地吹雪の視界ゼロで

ワイパー効かない怖い思いをして

半泣きになりながらなんとか米沢に到着。

我が家の米沢での食事といったら

熊文ラーメン。

5人で5杯のラーメンを注文。

長男次男三男と

よく食べるようになったもんだ。

市役所に車を止め

バスで上杉城址苑へ移動。

冬の米沢初めてだ!!

奥に見える鳥居が上杉神社。

そこまでたくさんの雪灯籠が並びます。

夜に来ればもっと幻想的なんだろうな〜。

なんとも良い雰囲気です。

上杉神社のお堀の橋で

お菓子を持って鳩に囲まれている

女の子からお菓子を少々いただく。

今まで何度鳩を捕まえようとしても

できなかたのに

こんな至近距離で観れてご満悦のこの表情

さて、おめあては

三層櫓雪灯籠。

城マニアの我が子たちの一番の目的。

全部雪で出来てると思っていたので
ちょっとびっくり。

トトロかまくらは子どもたちの一番人気!


「上杉城址苑」という名に

似つかわしくない


インスタ映え狙ったハートのオブジェ。
でも、いいね!

松ヶ岬神社は

今年直江兼続400回忌の登りがたっていました。

奥にはハートが見えます。

何度も思うが

やはり雪灯籠は

夜明かりがついたときには

もっといいんだろうとは思ったが

車の運転が怖いので

早めに帰宅。

 帰りは有料道路を外して下道を。
吹雪くことなく運転は楽チンだった。

個人的には

ハトに群がられた

長男が一番印象に残り

全ての予定をひっくり返し

猛吹雪の中命がけで運転させる

ヨメさんの豪腕が

一番怖いと思った。

シナンジュスタイン改


2018年02月12日

MSN-06s

シナンジュスタイン改

水転写デカールを貼り

一応完成!

今回の工程

【ゲート処理 ・ヒケ取り】

当初こんなに染める予定ではなかったので

結構雑な処理だったので後ほど反省し

きちんとヤスって下処理を施す。

金ヤスリ→600→1500→2000番

ヒケ取りにも挑戦したが

角を落とす・モールドが埋まるという問題点が発露。

そこは見ないふりをした。

今後の課題。

【缶スプレー塗装】

○ホワイト部分

①回目パールホワイト

②回目クリア光沢

所感

一番最初にここだけスプレー吹こうとおもったので

ヒケ取りなどやっていない。

下処理をもうちょっとやればよかったかな。

○グレー部分

チタンシルバー

ジャーマングレー(関節部)

所感

関節部分が厚塗りになってしまった。

思えば雪が降っていた・・・。

乾燥中に横で吹いたガンメタが飛んできて

少しキラキラしてしまった。

○青部分

①回目ダークメタリックブルー

②回目クリア光沢

所感

しっかりとヤスってヒケ処理もしたが

角を落とした部分もある。

一回目のダークメタリックブルーを吹く時

新品の缶スプレーを使ったのにもかかわらず

ダマになってしまった・・・。

後から調べると

スプレー塗装の場合は

湿気は厳禁で雨降りの時に屋外などでは

しっかりした噴霧状にならずにダマになってしまうとのこと。

失敗した時はほとんど雪の降る中

玄関先でスプレーを吹き付けていた。

反省し、今後は気をつける。

これも厚塗りにしてごまかす。

【水転写デカール】

Ver.Kaなのでデカール貼らなきゃ!

と張り切ってマークセッターをゲット。

何十枚を貼り付けている中で

あまり難しくないということが判明。

調子乗って貼っていたら

あまりにもメカメカしすぎて

好みに合わない。

説明書の指定どおりに貼るのではなく

絶対に欲しいところだけまず全体的に貼って

足りないところ、

もうちょっと欲しいところに足していく・・・

そんな貼り方をしないといけないなと思います。

【改造点】

①ツノ

②フエイスマスク

全体的にシナンジュスタインはすごくかっこいいんだけど

何かおかしい・・・

なんか違和感感じる・・・

僕の感じた違和感とは????

    ↓↓↓

ということで

シナンジュのツノとフェイスマスクを

なんとか手に入れようとしたが

結局バンダイに注文するしか方法がなく

(じっくりジャンク等でネットに出て来るのを待つという方法もあるが

 僕は気が短い)

バンダイ部品センターに問い合わせたところ

シナンジュの部品は全て欠品。

再販かかった時に補充されるが再販の予定は未定。

ということで

ユニコーンガンダムのツノとフェイスマスクを

流用することにした。

しかし、何年も前に組み立てたユニコーンの説明書など

この家に残っているはずもなく、

部品注文するには説明書についている

部品注文カードに品番を書いて出さなきゃいけないんだけど

その番号がわからない!

ネットで番号を探しに探し

やっと見つけて

バンダイに部品注文してみた。

   ↓↓↓

完全なる自分の不注意なんだけれど・・・。

  ↓↓↓

それを削って

くっつけた。

ビフォー

アフター

うん!かっこいい!!

     

あとはポージングや

写真の撮り方でかっこよくも

かっこ悪くも見えるのが奥の深いところで。

全体の感想としては

①一部分だけ塗装すると

 染めてない部分がプラスチック感が出て

 違和感の塊になる。

 染める場合は最初から全部染めると決めたほうがいい。

 今回、一箇所一箇所(色ごとに何度も)染め足したので

 合計で5〜6回バラして組み立てて・・・を繰り返した。

 おかげで説明書見なくてもだいたい組めるようになっちゃった。

②缶スプレーで塗装する際は

 天気に気をつけること。

 湿気のある中ではうまくできない。

③早く組みたい、組み上げたい気持ちと折り合いをつける。

結論、

ガンプラは手間をかければかけるほど

一個あたりの単価が下がる。

じっくりのんびりすこしづつあせらず

この心構えが肝要であると感じた。

あー。

癒された。

愛はなくてもアイディアがある


2018年02月11日

姪っ子たちから

フライングで

バレンタイン。

我が家の男4人は
もらうだけなので
完全に受け身のイベントだけど

家に女の子がいると

一代イベントになるんだよね。

今年は

丸いカステラの上にホワイトチョコをつけて

ムギチョコのせて

パンダの串刺し!!

今パンダブームだもんね〜。

毎年工夫がしてあって

〜女の子だよなぁ〜といつも感心してしまう。

見てるだけでも楽しくて

なかなか食べられない( ^ω^ )

この小さなチョコレートが

大きなものになって

帰ってくるのも

彼女たちは

しっかりと分かってるようだ(^_^;)

いつもありがとね。

届かぬ荷物


2018年02月09日

先月末にポチったものが

いま届いた。

欠品でも

取り寄せ品でも

ないんだけど9日間。

昔の通販は

大抵これくらいかかるのが

普通だったはずなのに

ポチってすぐ届くのに慣れた今は

ずいぶん遅いなーって感じた。

世の中、

お急ぎ便なんていうものもあり

スピードスピードに

なってきてるけど

これくらい待つ

心の余裕を持って

暮らせたらいいんじゃない?

とも思った。

でも、

受注してから発送まで

8日間なにやってたんだろ?

ってところは

気になる。

【後日談】

1月29日 7時 ポチる

1月29日 9時 受注完了

1月31日 発送

2月9日 9時 到着

関西や大阪からでも遅くても2日で荷物の届くこの世の中で

10日間かけて東京からじっくりと山形までやってきた

この荷物はいったいどこで何をやっていたのか?

気になって運送関係のお客様に聞いてみた。

すると、これまでは東京→山形のように

一発で400キロほど走るトラックに荷物を載せて

運んできていたものを

短距離のトラックで中継地点ターミナルで

引き渡しをしてまた短距離のトラックに乗り・・・

それを何度も繰り返して10日間かけて山形までやってきたとのこと。

ブラックな猫の配達員さんに

「10日間もかかってるんですけど

 なんでこんなにかかるんでしょうね?」

と責めるつもりなどサラサラなく聞いてみたのだが

「うちには今日来ました!!!!」

と怒られた。

その仕組みを聞きたかっただけなんだけどな。

まずはこれで

ガンプラのデカールに取り掛かろうと思います。

すごろく


2018年02月08日

手作りすごろくで

盛り上がる三人。

とにかく5年生の長男の遊びの引き出しが増えてきていて

クラスで流行っている遊びなんかを

弟たちに教えて一緒に遊んでくれます。

自分より年下の弟たち

とくに三男のルールの理解度に合わせて

あげてるところなんて

偉いなぁと思って見ている。

マスの中身は

一回やすみ

スタートに戻る
そして
タイキック!

これだけぶつかり合っている兄弟。

小さい頃これくらい喧嘩したり泣いたり遊んだりしたら

きっと大きくなったら力を合わせるように

なってくれるのかなぁ?

なんて思いながら

父ちゃんは見ている。

いっちょまえ


2018年02月08日

三男5歳も

一丁前な包丁使い。

料理に三兄弟で一番興味を持つ三男。

特に洗い物全般には非凡な才能を感じます。

将来は立派な皿洗いになってくれるでしょう。

お母さんとする料理は

楽しい遊びなんだよねー。

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031