ブライトウ奥州③えさし藤原の里


2018年09月17日

ぐっすり眠って

スッキリ起きて

朝風呂を浴び

朝食バイキング。

 

嬉しすぎて美味しすぎて踊りだす。

この設備と

この料理と

このお風呂

そしてスタッフの方のこのサービスで

この値段って・・・

今まで泊まったビジネスホテルの中では

間違いなくコスパ最強です!!

特に次男は泊まりでお出かけだと言った瞬間から

「ホテルどんなところか楽しみ!」

と言っていたので

「安くてやっと取れた宿だからあんまり期待しないでね。

寝れればいいくらいで考えておいて」

と言ってあったのだが

家族全員大満足!

その名は

モンテインホテル北上。

また北上に行く場合は

次もここが拠点となるでしょう。

2日目の予定はこんな感じ。

予定より10分ほど遅れてホテルを出発。

車を走らせること30分。

歴史公園えさし藤原の郷へ到着。

今日も天気は最高!

ここは大河ドラマのロケでよく使われるそうで

古い街並みが再現されている

平安・歴史テーマパークです。

いきなり目の前に現れたのが牛舎!

演技派の長男。

20年前、大河ドラマ「炎立つ」のロケが

この江刺に来たのをきっかけに

本格的にドラマロケを誘致して来たのだそうです。

この門をくぐると

8〜9世紀頃の政庁

両脇の建物では弓矢体験ができます

それはそれは

楽しくて

楽しくて

楽しい弓矢の放ち放題。

あ〜楽しかった!

ゆったり満喫コース(120分)と

お急ぎコース(50分)があるが

ゆったり満喫したいと思ったが

コースの第一番目で30分所用。

はて、一回り何時間かかるのやら。

続いて平安トリックアートへ。

牛若丸に踏み台にされる長男

鬼に

食べられルゥ〜!!

義経にやられる次男

真剣白刃取り

弁慶も次男にはかなわない?

三男の姿が見えないなと思ったら

草っ原で虫捕まえ。

呼びに行ったら

「おっきいバッタ逃しちゃった〜!!」

とギャン泣き。

何とかおだてて

誉めそやして

弁慶殴る。

野外ステージ「舞楽殿」

続いては

大河ドラマや

時代劇によく使われる

「大路」

そして

おんな城主直虎でよく使われた

政庁

 

12世紀の政庁の再現で

中央政権の権威を表したという

華麗な造りです。

甲冑がある!?

そりゃぁ着るでしょう!

慣れたもんです。

この時代の武器は

主に弓と槍

 

 

こんなにチャンバラ好きなら

剣道やればいいのにと

いつも思うが

そういうものではないらしい。

「お父さんもお母さんも撮ろうよ!」

と言われて全員でパチリ。

年賀状の写真候補。

このアングルが

一番映える!!!

と気づいたのが甲冑を脱いだ後で

残念。

下駄・薙刀・カバン???

背中に背負う物の名前はよく分からないが

とにかく弁慶セット。

続いては

伽羅御所へ。

ここは真田丸のロケ地

昌幸と信長のやりとりがあったところです。

池を見ながら

何を祈る三男。

ここ伽羅御所は

平泉文化の最盛期を築いた

奥州藤原氏三代秀衡の居館を想定したもので

平安時代の寝殿造の様式を再現した

日本唯一のものだそうです。

平安時代の衣装を着て

平安貴族体験。

楽しい!

それでも三男の興味は

アメンボへと向かう。

平安時代のすごろく

 

お手玉

ハマグリの絵合わせ

などなど

今やっても楽しい遊びがいっぱい!

そして

すごろくで勝ってガッツポーズ!

楽しかったなぁ。

伽羅御所。

そこから歩いて

街並み散策

 

 

義経堂に立ち寄る

景色が最高!

経清館へ。

この城柵は真田丸のロケで使われていて

やはり見たことのある感じ。

何でも今日は

この経清公の命日何だとか。

虫取に夢中の三男も

やっと合流。

 

寝殿造の清衡の館。

地方豪族の一般的な居宅を再現。

 

ここから少し歩いて

 

見えるのが河崎柵

中には入れません。

中村の郷

大河ドラマ「秀吉」で

秀吉の生家として作られたのだそうで

以後、貧しい農村のロケ地になっています。

軍師官兵衛第3話「命の使い道」に出て来たのここだ!

お次は

 

伊治城

門をくぐり急な坂を登ると

安宅関(あたかのせき)

江戸歌舞伎18番【勧進帳】で有名な

安宅関のシーンが再現されています。

勧進帳ってこんなお話

お次はアラハバキ

東北で盛んに行われていた

古代神信仰の霊場を再現。

そしてついに

急な階段を登り

本日のメインイベント??

というか一番のお目当

平泉文化の最高傑作

中尊寺金色堂

もちろんレプリカですが

きちんと宮大工さんが作ったそうです。

今日はずっと

弁慶ポーズ。

 

金色堂の奥の高台からは

この藤原の郷が一望できます。

今日一番の眺め!

 

 

歩きたくない三男は

次男におんぶ

そういえば

園内の9箇所にスタンプが置いてあり

全部ゲットして江刺のお米いただきました!

結局2時間コースを

4時間かけて見て回る熱の入れよう。

2時半過ぎてやっとお昼ご飯。

しっかし、

どこ行ってもカレー食うんだな。君たち。

俳優さんのサインに釘付け。

去年見ていた直虎の柴崎コウ

小野但馬守政次の高橋一生

ミーハーだな。

共通入場券で入れる

えさし郷土文化館もせっかくなので見学。

江刺の古代から近代までの

歴史にまつわるものが展示されています。

あまり関係のないものもありますが・・・。

近代はあまり今回の旅では

関連性が薄いので

サラッと。

 

藤原氏や

江刺にまつわる仏像などがある

奥の院は撮影不可。

ありがたくなっている三男。

見学者も少なかったのですが

学芸員のお姉さんから

丁寧に説明を受ける。

蝦夷(えみし)と坂上田村麻呂との関係

中央国家大和朝廷と蝦夷、そして宗教の関係

何とも濃密な時間でした。

閉園時間が迫る中

大河ドラマ資料館へ。

長男の崇拝する

真田丸の皆さん。

歴代大河の主役級の方のサイン。

今一番はまっている

官兵衛

直虎の今川館は政庁が使われていた。

あるかな?

と思っていたらやっぱりあった!

カブトと陣羽織!

やっぱ好きだね〜。

またしても

外で虫取に心奪われている

三男を何とか説得して連れ戻し

ある目的のための撮影会

 

 

 

まぁ目的は達したように思う。

楽しい時間は

すぎるのが早い!

朝9時半から16時の閉館まで

たっぷり堪能!

オマケで開催中の

キンコンにしのの

えんとつ町のペプル展。

平泉中尊寺観光は

ぜーんぶパスしちゃったけど

家族全員大満足です。

車に乗り込み

約2時間半。

行程ちょうど500キロで

ブライトウ奥州無事全行程終了!

 

うちはディズニーには行かない。

その代わりに

訪れた場所の

歴史や文化、そして風土を感じる旅にしたいと

思っている。

行った場所の歴史や文化に触れることで

自分の住む場所との比較が生まれ

自分の故郷についてより深く知るきっかけになると思うからだ。

それが

ひいてはアイデンティティになるんじゃないかな。

真の国際人とは

英語ができる人のことではなく、

自分の住む国の

歴史や文化を知る人

それを誇りを持って人に語ることができる人

そういうもんなんじゃないかと

父ちゃんは思うのです。

 

家族揃って旅行なんて行けるのは

小学校くらいで

親から離れてしまうときは必ず来るんだろう。

その時に

楽しい思い出

沢山作って僕たち夫婦の手から離れていって欲しいな。

 

そんな思いで

無理やり決行したブライトウ奥州

中尊寺の宿題を残したまま

一応終了。

今度はもう少し

平安や奥州藤原氏や源平合戦を学んだ後

平泉中尊寺に行きたいなと思います。

いや〜。

悪いけど

父ちゃんが一番楽しませてもらったよ!

ありがとう!!

 

 

 

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930