ブライトウ⑥美味だれ焼き鳥リベンジ


2018年04月02日

夕飯はここに決めていた。

上田市の名物

美味だれ焼き鳥ではナンバーワンの呼び声高い

お店。

昨年家族で訪れて

様々な感情を味わったお店。

そこに敢えてリベンジです。

昨年の様子

さて予約をとる際に昨年は

=====================================

「初めてなのですが、家族5人でそちらにお邪魔したいと思っていますが

これから予約できますか?」

と丁寧に聞くと

「はぁ〜。(ん?ため息?)うちは6時から開けるお店なので

その前に言われても困ります。

6時に空くのでその時まで来てみてください。」

とため息まじりに超そっけない対応。

=====================================

それを踏まえて

・県外から来ていること

・子供連れであること

を伏せ

「5人ですけど席の予約をしたい。

今駅前なので今から向かえます。

15分後くらいにはいけると思います。」

と言うとすんなりオッケー!

去年はできなかったお店の予約ができた!!

第一関門クリア!!!

 

ほぼ時間通りにお店の前に到着。

中に入ると去年と全く同じ場所が

リザーブしてありました。

席に座り、去年は

=====================

「注文は聞きにくるからそれまでは声かけないで」

と言い放っておばさんはいなくなった。

======================

という経験から

決してこちらから声をかけずに

我が家で注文するものをじっくり選んでいると

「ごめんね〜!今行くからちょっと待ってね〜!」

と、声をかけてもらった。

 

んんんんんんんんんん?????????

何かが違うぞ!??

今年は!

手が空いたおばさんが

注文を取りに来たので

=========================

子どもたちは腹減っていると思うので

お腹にたまるサイドメニューの焼きそばを注文。

すると

「焼きそばは一番最後になるけどいい?」

と言われたので

子どもたちお腹すいてるので出来たら先に出るものが欲しいと

冷静に伝えると

焼き台を使うので焼き鳥を焼き終わった後最後になるとおっしゃる。

「じゃあ焼きそばじゃなくても

先に少し早く出るものないですか?

この焼きおにぎりは?」

と聞いた瞬間おばさんは調理台に向かって

「焼きおにぎり食いたいんだって〜。無理だよね〜!」

と大声で叫び

「4個だけならできるって」

と妥協案で調理台に了解をとってきた。

・・・・なんじゃそりゃ・・・・・

 

===============================

という経験を活かし

お腹の空いた子どもたちには事前に

おにぎりを一つづつ食べさせ

焼き物を一通りと

飲み物を注文し

おばさんが料理を運んでくるタイミングを狙って

飲み物や食べ物を追加で注文。

 

やっぱりここの焼き鳥はうまい!!

みんな大好き

バクバク食べます。

おまけに上田はからあげも

名物にしようとしているとのことで

ここのからあげもめちゃくちゃうまい!

昨年の反省点として

このおばさんの写真が一枚もなかったこと。

「このおばさんがこんなこと言ったんだぜ〜!」

って言えなかったのがすごく残念だったので

こっそりパチリ。

しかし、

僕の期待とは裏腹に

「ちょっとまってね〜」

「今行くからね〜」

「はいありがと〜」

と、去年は一度も聞いたことのない

言葉がおばさんの口から飛び出す。

去年はおばさんと目が一度も合わなかったので

注文できなかった長野の酒も

たっぷり堪能。

奥様も酩酊のご様子。

今年もこどもたちに

「もう肉いらない」

と言わせるまで食べさせて終了。

お会計の時には

長男が得意のコミュニケーション能力で

「僕たち山形から来たんです。

ここにも去年来て美味しくってまた来ました」

なんていうと

「わざわざ山形からありがとうね〜」

と相手してもらっていたり。

店主のおじさんは

安定の腰の低さで

今年もとても感じがよく、

夫婦二人で切り盛りしているお店って感じで

楽しく食事とお酒が飲めました。

 

昨年の僕はこんな感想

 

==============================

ここからは僕の憶測だが

1一見客であること

2子ども連れであること

この二つがおばさんの態度を硬化させていたのかとも思うが

カウンター席のおじさんもビール注文しようとして

今声かけるなと怒られていた。。。

子どもは通常あんまり食べないので

いいお客様じゃない(あまり売り上げに貢献しない)

から嫌がられたのだろうか。

その割にうちの子たちはよく食べて

結構飲み食いしたのでまぁまぁよしと

思ったのかどうか。

真意は謎のままだが

接客は最悪だがお店は常に満席。

要因は本当に美味しい焼き鳥の商品力であると断定。

ただ、

広い店内、注文とドリンク提供と配膳を

一人でこなすおばさんは

いっぱいいっぱいの毎日が続き

そういう対応をせざるをえなかったのではないかなと

考えたりする。

 

が、

 

自分もサービス業に携わるものとして

反面教師としての意味で

大変勉強になりました。

タクシーの運ちゃんといい

焼き鳥屋のおばさんといい

上田は城下町だからか

長野が盆地だからか

よそ者を受け付けないような雰囲気を持っている人が

全てではないがいるということを

感じる出来事で

山形がおもてなしとか

人が温かいとか言ってもらえる意味を

改めて感じました。

 

ウマかったからよかったものの

これで不味かったらシャレにもならなかったところだが

 

いいネタもらったと思って

よしとすることにしよう。

 

=================================

今年は

去年とはお店が違うんじゃないか?

というぐらい対応がよく

「あそこはちょっと・・・」

と言っていた長男も大満足。

 

去年から一年間かけて

このお店のことは会話の中で

たくさんの方にネタとして提供し、

その反応も様々。

「そんな店絶対に行かない!」

という方がいる反面、

「そういう店だと思って行く」

という意見も。

一見だから、子供連れだから

僕ら家族が嫌われたのか?

という問いに対しては

「誰にでもそうなんじゃないか」

ということで納得した。

じゃぁ、どういうことなんだ?と言ったら

お客様の一人に言われた

「正直で不器用な人」

ということで納得した。

じゃぁなぜ今年はこんなにも

対応が変わったのか???

 

僕の憶測としては

①ネットや口コミでおばさんの塩対応が叩かれた

②お客様が減り、お客様を大事にしようという気持ちが

おばさんの心に芽生えた

③去年は夫婦喧嘩の真っ最中で機嫌が悪かった。

今は夫婦円満

 

なんてことが考えられるが

去年は美味しいけど他の人に行ってみろって

勧められない・・・

と思っていたが

今年は「あそこ美味しいから行ってみて!」

って言えると思う。

上田といえば

鳥正(とりまさ)

美味だれ焼き鳥がおいしくて

元気なおかみさんがいるお店です!

 

去年来なかった上田駅へ

外から見たけど中には入んなかったんだよね。

 

明日も早いし早々に寝ることにします。

 

では1日目終了。

2日目につづく。

 

 

 

ブログカレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30