祝!卒園!


2013年03月21日

今日はとうとううちの長男YU作さんの卒園の日。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

午前中だけはR子さんにお店をお願いして、

 

一家そろって参加です。

写真 2013-03-20 8 49 59

 

幼稚園に着くなり、友達と仲良く遊びまくるYU作さん。

 

いつもに増してハイテンションです。

離れ離れになる寂しさを紛らわすように・・・。



写真 2013-03-20 9 36 54写真 2013-03-20 9 01 27

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さて、式では、いとうの「い」が一番最初で、

卒園児の中で一番目にYU作さんが修了証書をもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

全然知らなかったので、カメラの準備が間に合わず・・・。

 

写真 2013-03-20 10 00 28

 

一番いいシーンはシャッター間に合わず。

 

なぜか僕は最前列の一番卒園児に近い場所。

今年は実はPTA会長をさせていただいており、

「来賓」ということで、祝辞を述べさせていただきました。

 

 

==========================

皆さんこんにちは。

みなさんはとっても聞く姿勢がいいので、
明日から小学校に行ってもいいくらいですね。
名前を呼ばれたら、「はい」という返事や
証書をもらって「ありがとうございます。」ということば、
どれをとっても人間として大切なことが
しっかりできているのですごく立派だあと思います。。

今日はみなさんは終了証書をもらいましたね。
みなさんの名前がここにかかれてあります。

そして、次に生まれた日がかかれてあります。

これらはみんな違います。

そして、名前はこの6年前にみんなが生まれたとき、
お父さんやお母さんが、あなたたちの幸せを願って、
一生懸命考えた、最初のあなたたちへのプレゼントでした。
命に名前をつけるというので「命名」といいます。

たんなる名前ではありません。
そのプレゼントには大事な大事なおまけがあります。
それは、お父さんやお母さんの願い、夢、希望という
すてきな思いが入っているのですよ。

だから、これまでの六年間、何回もあいさつや呼びかけで
このプレゼントが呼ばれたとき、「はい」ってりっぱに
返事をするのはその願い、夢を確かにうけとりましたよ。
っていうおまけにも返事をしていたのですよ。

さて、6年前のあなたが生まれた日は、
どんな日だったかなあ。今日のような天気かなあ?
雨だったかなあ、雪だったかなあ。

お母さんのお腹の中で、約一年間も大事に育てられ、
そして、出てくるときは、お母さんは、
痛い痛いってすんごくたいへんだったけど、
あなたたちが生まれてきたとたん、
「生まれてきてくれてありがとう」って
とっても喜んで、苦しかったのを忘れたのですよ。

あなたたちが熱を出してたいへんだったときは、
おとうさんも仕事をやすんでめんどうみたり、
よる、泣いて寝れないときはだっこをして、
子守歌をきかしてくれたと思います。

一人ではおおきくなれません。
だから、今日はおうちに帰ったら、

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんに

産んでくれてありがとう、
育ててくれてありがとうっていおうね。

おかげさまで幼稚園を卒園することができました。

ありがとうって言ってくださいね。

 

会長さんからのお願いはこの一つだけです。

今日は卒園おめでとうございます。

 

以上です。

 

===================================

 

こんな話を

少々抜けたりしましたが、

一生懸命これから巣立つ子どもたちに話させて頂きました。

 

写真 2013-03-20 10 46 51

 

 

泣きだす子に、すすり泣く親の声、

何とも言えないあったかい気持ちになりました。

 

式が終わり、今度はPTA主催の先生方とのお別れ会。

 

写真 2013-03-20 12 38 42

 

事前に内緒で担任の先生へと

メッセージを描きました。

写真 2013-03-01 15 40 29

 

なんともならないキカンボのYU作さんを

あたたかく、のびのびと見守ってくださった

M幸先生、Y先生、

本当にありがとうございます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

例年の流れを参考にさせてもらいながら、

年長組PTA役員が一丸となって・・・

というより、お母さん方が、本当に本当に

一生懸命に一生懸命に準備をしてくれました。

そしてサプライズに

園児みんなで「たいせつなともだち~ようちえんVer~」

を歌いました。

写真 2013-03-20 12 38 38

 

この歌知ってる人もいるかと思いますが、

とにかく子を持つ親としては涙無くしては聞けない歌です。

写真 2013-03-20 12 38 27

 

 

ポロポロ・・・泣き出しちゃったYU作さん。

体は大きく、

心は優しく育ってくれてありがとう。

 

「年長の役員は大変だからしないほうがいいよ。」

なんて噂が流れ、役員選考には随分手間取った様子の今年。

 

通常はこのお別れ会で全日程終了のはずが、

PTA役員プラスその他父兄と共に、

担任の先生を囲んでの飲み会を開催しました。

 

たかだま幼稚園では初めてだそうです。

その場を借りてしっかりと、

先生方への感謝の意と、

がんばってくれた役員のみなさんへの労いのお酒を

一人ひとり注がせていただきました。

 

あまりにも楽しくって、

「毎年開催しよう!」ってことになりました。

子どもを通じて親同士がつながる。

こんな素晴らしいことってありませんね。

 

まずは3年間大変お世話になりました

S藤園長先生をはじめとする先生のみなさま、

担任をしてくださったM幸先生、Y先生、

ありがとうございます!

 

まだまだ二男三男続きますので

これからもお世話になります!!

写真 2013-03-22 10 15 07写真 2013-03-22 10 17 32

 

 

 

 

いよいよ開幕!


2013年03月18日

 

第三日曜日の休み。

 

なんといっても今日は本当に天気がイイ!

久しぶりのポカポカ陽気のおでかけに

二人ともテンション高いです。

写真 2013-03-17 11 22 04

 

午前中はこの春からYU作さんが通う小学校であり、

僕の母校、天童市立天童南部小学校へ

「虫とり」に。

残念ながら見つけた虫は「みの虫」一匹。

少し早かったみたいだねぇ。

 

その後は、おにぎりにぎって

家の前にゴザ敷いてピクニック気分でお昼ご飯。

外で食べるおにぎりってなんておいしいんだろ??

 

その後は家族で

いよいよ2013シーズンホーム開幕戦をむかえる

モンテの応援に。

赤ちゃんのYOちゃんとT子さんはお留守番です。

 

写真 2013-03-17 14 45 58

 

いつもは時間ぎりぎりで楽しめないスタジアムグルメも堪能し、

ディーオとパチリ!

キックオフ一時間前、余裕の入場。

写真 2013-03-17 15 07 19

 

今年はどんな戦いを見せてくれるのか?

今季二戦は負けてしまい、「もう駄目だ!」的なコメントを残す方も多い中、

僕は、攻撃サッカーチームへの脱皮に伴う痛みと判断。

いつでも応援します!

写真 2013-03-17 15 54 28

 

とにかく強い日差しにYU作さんは半そでに。

○おにぎり(家で食べたのと別に)

○たこやき

○ホットドック

○いろはす みかん味

○揚げパスタ

○モスチーズバーガー・・・。

 

食い過ぎだろ!!

と思いながらも、僕もここぞとばかりに

ビールをグビグビ^m^

 

そして、間もなくキックオフ!というところで、

JUN平さん撃沈。写真 2013-03-17 15 48 14

お腹一杯になったのは分かるけど、、、

何しに来たんだろ???

大音量の応援にも負けず、ハーフタイムまで爆睡。

 

ゲームはというと、

見事に崩しきっての流れの中からの山田選手の

初ゴールで先制、

宮坂選手のスーパーフリーキックでダメ押し。

2-0で今季初勝利!

しかし・・・

 

JFLから上がりたての長崎に対して、

決定的なシーンこそ作らせなかったものの、

圧倒とはとても言えない内容。

 

特に、不用意なパスからのパスカットに合い、

一気にカウンターで持ち込まれることがたびたび。

 

それでも、昨年から大きく変わったと感じるのは、

中盤からの縦パスという意識が強くなってきたのでは?

昨季までは中盤からのパス配給は左右のサイドに振る

というのが黄金パターンで、真中からの持ち込みでの崩しは

これまでと大きく違ってきている!

ように感じる・・・。

 

このまま相手が変わっても攻める姿勢を貫いて欲しいです。

なにはともあれ、

今季初の観戦で、

ブルイズと県民歌を歌えて嬉しかった!

気持ちよかった!

写真 2013-03-17 18 06 58

次節20日はYU作さんの卒園式。

健闘を祈ります。

天気のいいお休み、

楽しかったね!

見た甲斐ないけど、

また?

連れてきて??

あげる???

かな?????

 

おまけ

YTSのカメラにインタビューされたのが

放送されました。

チビッコモンテサポを撮りたかったらしいんだけど

モニョモニョしちゃったので

とおちゃんと一緒にね!

写真 2013-03-18 18 35 14

 

 

 

独立記念日


2013年03月07日

今日は僕にとって
忘れられない一日。

高校卒業して3日後、
理容師を志して東京へと旅立ちました。

地元の仲間や、
家族と離れる寂しさ。

仕事、専門学校。

これから始まる新しい生活に
夢、期待、不安の入り混じる複雑な気持ち。

毎年この日になると鮮明に思い出します。

まさに今思い返しても

初めて自分の人生を選択し、
一歩を踏み出した日。

この日こそ、
自分にとっては間違いなく
独立記念日。

あれから20年。

あの時のの18歳の自分に言ってあげたい。

心配すんな。

目の前の事を一生懸命やるんだぞ。

あなたの未来は限りなく明るいから!

春は様々な思いや感情が
飛び交う季節。

あの時の気持ちを忘れずに、

今、人生のはじめの一歩を踏み出そうとしている

学生、新社会人たちの

背中を押してあげたいなと思います。

今晩は、

東京の師匠へ、

20年前の御礼と、現状の報告の

電話をかけます。

明日から
21年目、初心を忘れずに

自分の夢が形になったこのお店で

これからも顔晴って行きたいと思います!!gaikan2

笑顔でいるから


2013年03月01日

今日は月末ですのでR子さんにお給料と、T子さんに生活費。

そしてお手紙を渡します。

今月はこんな話です。

【笑顔でいるから楽しくなる】 

     2013・2・28

中山和義氏の心に響く言葉より…

デパートで働いているある女性は、

いつも先輩に、

「もっと楽しそうに仕事をしなさい。

そんな疲れた顔でお客さんの相手をしたら

誰も買ってくれないわよ」

と怒られていました。

彼女もそのことはわかっていたのですが、

仕事が嫌になっていたので、

それがどうしても顔や態度に表れてしまっていました。

ある日、彼女はAさんと一緒に催事の販売をすることになりました。

Aさんは彼女の同僚で、いつも本当に楽しそうに働いている女性です。

Aさんは、慣れていない忙しい催事の現場でも、いつものように笑顔で働いていました。

どうしてそんなにいつも笑顔でいられるのだろうと思った彼女は、

思いきってAさんに、

「どうして、そんなにいつも楽しそうに仕事をしているんですか?」

と尋ねてみました。

Aさんは、

「そんなに楽しそうに仕事をしているように見えますか?

そうだとしたらそれは亡くなった私の母のおかげだと思います」

と答えました。

その日の仕事が終った後、彼女はAさんからお母さんの話を詳しく聞きました。

Aさんは、お父さんが病気で小さい頃に亡くなってしまったため、お母さんに育てられたそうです。

お母さんは、仕事でどんなに疲れて帰ってきても、いつもAさんの前では笑顔でいたそうです。

ある日、Aさんが、

「どうして、お母さんはいつも楽しそうなの?疲れたりしないの?」

と尋ねると、

お母さんは、

「お母さんだって疲れているときや嫌な気分のときもあるよ。

でも、そんなときこそ、笑顔でいないといけないと思っているの。

ためしに笑顔を作ってごらん。楽しい気分になるでしょ」

と答えました。

Aさんがお母さんに言われた通りに笑顔を作ると、お母さんは、

「その笑顔を見たいから、お母さんはいつも笑顔でいるんだよ」

と微笑みながら話してくれたそうです。

最後にAさんは、彼女に向かって笑顔で言いました。

「家は貧乏で大変でしたが、母の笑顔のおかげでいつも楽しかったんです。

楽しいから笑顔でいるのではなくて、笑顔でいるから楽しくなるんですよ」

次の日、彼女はAさんのように朝から笑顔でいるように気をつけました。

すると、いつもはあまり話しかけてくれない人まで、

「おはよう、楽しそうだね」とか、

「今日はやけに機嫌がいいね」などと話しかけてくれました。

彼女の気持ちも自然に楽しくなりました。

笑顔の人の周りには、笑顔の人が集まってきます、だから、楽しいことも増えていくのです。

『会社に行くのがもっと楽しみになる感動の21話』三笠書房

「悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのだ」という心理学の有名な言葉がある。

つまり、身体的な反応を意図的に起こせば、後からその感情がついてくるということ。

それは、楽しいという感情も同じ。

「楽しいから笑顔でいるのではない、笑顔でいるから楽しくなるのだ」

いつも不機嫌で、怒ったような顔をしていれば、不平不満、文句や愚痴ばかり言う嫌なヤツになる。

人は、その表情や態度に似合った人になる。

いつも笑顔で機嫌よくしている人は、幸せを引き寄せる。