生んでくれてありがとう


2012年05月29日

桂島から急いで帰り、

向った先は僕の実家。

 

僕は5年前から
必ず誕生日にしていることが一つだけあります。
それは
お腹を痛めて命がけで自分を生み、
見返りのない愛情を溢れるほど注ぎ、
せっせと世話をし、育ててくれた
母親の【足】を洗う。
ただそれだけです。
感謝の原点は親孝行。
きちんと母親の目を見つめ、
「僕を生んでくれてありがとう!
お母さんの子に生まれてよかった!」
と言えて初めて、
感謝の本当の意味をいうものを知ることができると
以前聞いたことがありました。

 
はじめは、

一回目はすごく気恥ずかしいし、
照れ臭かったのだけれど、
「いいからちょっときて」と
いつもと違った様子の僕を見て
不思議がる母親も
お風呂場で洗面器にお湯をためると、
事態を察し、足を洗い始めると、
「ありがとう。気持ちいいよ。」
と言いながら、泣いてる?ようでした。

 
確認はできませんでした。
何故なら僕も泣いてしまって顔を上げられなかったから。
自分をおんぶしながら仕事をし、
寒い冬も一日も忘れることなく食事を作るために
早起きをし、走り回ったおかげで、
いつの間にかかかとはひび割れ、
爪も変形してしまっている
お世辞にもきれいな足とは言えない母親の足を洗いながら、
「この人がいなければ
自分はこの世にうまれてくることはなかったんだな。
おかあさん、うんでくれてありがとう。」
との思いが溢れ、込み上げてきました。

 
そして今後、
 決してこの人を悲しませたりしないぞ、

この人を困らせないぞ、


 この人から頂いた命と、体を使って


 一生懸命に生きて行くぞと心に決めました。


それからは
毎年僕の誕生日は
実家へ行き、母親の足を洗っています。
今日も母親に「うんでくれてありがとう」と
言うことができました。

 
こんな息子でも
「私の子に生まれてくれてありがとう。」
といつも言ってもらえるのがうれしくって。

 
【おかあさん
   僕を生んでくれてありがとう
   育ててくれてありがとう
   おかあさんの子に生まれて
   本当に幸せです!】
夜は家族で奥さんの作ってくれた手作りギョーザで
ささやかなパーティー。
プレゼントは【ガンプラ】


父ちゃんうれしいよ~!
書いている間に日付は変わってしまいましたが、
最幸の誕生日になりました!
長文最後まで読んでくださり
ありがとうございます!
伊藤規雄

夢の愛ランド


2012年05月29日

今日は早朝より船に乗って

カモメのジョナサンにかっぱえびせんを与えます。

 

向った先は

去年も一度お邪魔した

夢の愛ランド!

浦戸桂島です!

昨年は菜の花を植えるべく、

伸び放題だった草むらの除草。

今年はもじゃもじゃの竹やぶや

草を取り除き、

ビーチまでの道を切り開きます。

 

なんでもこの桂島は

「国定公園松島」に認定されており、

国が保護してくれているのだそうです。

しかし、その弊害か、

景観を維持するため、木の伐採や、

住宅の建設は認めない等の規制があり、

 

竹やぶやもじゃもじゃの草木は伸び放題。

新しく家を建てることも認められないため、

人口は流出するばかりで老齢化が一気に加速。

昔は海水浴や、菜の花ロードを見ににぎわった島も

今はすっかりと静かになってしまったのです。

 

そこに現れたのが

頑固おやじの三浦先生!

一人でもこの島を夢の愛ランドにして見せる!

と草を刈り、種をまき、

行政と交渉をし、一人で桂島のために奮闘していました。

そんな三浦先生の本気に

心動かされたメンバーが今回も桂島入りです。

 

三浦先生のブログ

【夢の愛ランド】

朝からお昼まで

山形チーム3名と

仙台チーム3名でもじゃもじゃの竹林を切り、

道を作ります。

あまりに熱中しすぎて写真とるの忘れてしまった~!!

お腹もぺこぺこ!さてとお昼ごはん!

ノンアルコールビールで乾杯!!

と 思いきや、

「ハッピバースデーツーユー♪」

何とみんなが歌い出した!

そうだった!今日は僕の誕生日!!

ううっ。

みんなありがとう!

感動したよ!!

 

最高の景色を眺めて

気持ちのいい汗を流して、

みんなにお祝いしてもらって

本当にしあわせだぁ~!

この後は、

天気が崩れ、雷ゴロゴロの雨ザーザー。

午後の作業は中止となり、

三浦先生とみんなで「夢座談会」

いい時間になりました。

この模様はミスターが詳しくブログで書いてくれていますよ。

ピンクスのブログ

 

また来るよ!三浦先生!桂島!

 

14時40分の船に乗り

塩釜マリンポートへ帰着。

つづく。

 

 

634の松


2012年05月21日

今日は月に一度の日曜お休み。

日頃休みの合わない子どもたちと一緒に過ごそう!

と、朝から動き回りました。

6:30より

町内の公園草取り。

今年うちは隣組長なので

寝坊は許されません<(`^´)>

ご近所の同年代のお友達と公園でめいいっぱい遊ぶ

息子たち。

今年一発目の除草とあって花壇は草ボーボー。

時間かかりました~。

 

終わり次第にパパっと朝食を済ませ、

天童高原634(ムサシ)の松交流イベントへ参加するために

天童高原へ。

天童高原にあるこの松は

標高634メートルにあり、

東京スカイツリーと同じ高さ!

 

天童の資源である天童高原を盛り上げるための

象徴として634の松記念碑が設置されました。

そして

東日本大震災の被災地の一日も早い復興と

子どもたちの明るい未来を願って

ひまわりの種をつけた風船を空高く飛ばしました。

子どもたちは風船が大好き!

いよいよ空に放つ時がきた!

カウントダウン!

 

 しかし、

「持って帰りたい・・・。」

とぐずるYU作さん。

うん。気持ちはわかるよ。

説得の末、

大空に風船が飛んで行きました!

広いところを歩いて移動。

恐れていたことが・・・

 

 

JUN平さんの

「だっこ~。」

大きな目がかポロポロこぼれる涙が

可愛くって面白くってついつい写真撮影。

ゴメンネ。

しっかりおんぶはお父さんの役目でした。。。

 

同時に記念式典および様々なイベントが開催されました。

僕は第一回天童高原紙ヒコーキ大会の

紙ヒコーキ工場の責任者になぜか任命。

 

でも久しぶりに紙ヒコーキを親子で折って

飛ばして

とっても楽しかった!!

紙ヒコーキ大会では

YU作さんとJUN平さんが参加。

紙ヒコーキを投げた時点で

伊藤家はタイムアップ。

 

天童高原を後にし、次の目的地へ向かいました。

そして到着したのが

天童大黒天祭。

例年はこちらに家族で参加していたのですが、

今年はお札だけ受けに寄らせてもらいました。

 

そしてその足で急いで・・・

ずーっと前から

YU作さんとJUN平さんとの約束だった。

モンテ観戦!

 

しかし前半。

ウロチョロ走り回るYU作さんが限界に。

T子さんと共に公園に退場。

JUN平さんは対照的に

落ち着いて座って最後まで応援しました。

兄弟でも全然違うねぇ。

結果は2-1で勝利の首位キープ。

8000人を超えた観客。

いいことばかりに見えるこの状況も、

最下位岐阜を相手に

「なんとか勝った」という印象。

もっと骨っぽい上位相手にこの戦い方では

決して通じないなと感じてしまったのは

僕だけではないはず。

唯一のラッキーは

内容が悪いにも関わらず、

結果が悪くないということ。

J2はやっぱりプレーが雑です。

下位になるほどほんと雑。

この雑さにつきあってしまったら大変なことになるぞ!

と気を引き締めようっと。

最後は

二人のリクエストに応えて

公園で遊んで帰りました!

100回笑って100回泣いて

朝から一日楽しかったみたい!

ひと月に一度の一緒の休み。

お父さんと一緒に遊んでくれる

今この時期を大切に楽しみたいと思います。

 

YU作さんJUN平さん

あそんでくれてありがとう!

T子さん1付き合ってくれてありがとう!

 

太陽です。


2012年05月15日

今日はT子さんの誕生日!

先日の母の日に引き続き、

お金をかけずに気持ちを贈るプレゼントを作成!

 

いつも僕たち親子3人に

やさしく微笑みかけてくれるT子さんは

間違いなく我が家の太陽です!

 

YU作さん、JUN平さんも

そんな優しい笑ったお母さんが大好きです。

 

T子さん!生まれてくれてありがとう!!

母の日ありがとう。


2012年05月13日

今日は母の日。

例年だとT子さんが両家の母親に

なにやらプレゼントを買ってきていたようだけれど、

今年はちょっと志向を変えて、

「お金は掛けずに

心をこめたプレゼント」

にしようと思いました。

 

そして出来上がったのがこちら!

額に入れて渡しましたが・・・

額に入れた写真を撮り忘れた~!

 

コレがホントのガク~っ!!

 

でも両家の母親二人とも大変喜んで

さっそく飾っていてくれました。よかった!

 

おかあさん

たった5文字の言葉では

全然足りないけれど

心をこめて伝えます。

おかあさん

生んでくれて

育ててくれて

ありがとう。

 

芽が出た!


2012年05月10日

これはなんの苗木かわかりますか??

 

正解は

 

 

 

今年のお正月の

お年玉クイズの景品

「めでたくてめでたくてしかたない袋」

から、本当に芽が出た!

とのご報告をM山さんから受けました!!

 

スンゲー!!

本当に出た!!

M山家の

 

この芽がさらにおおきく伸びる

 

一年になること間違いなし!!

 

M山さん、ありがとうございます!!

祝!6歳!


2012年05月07日

スマイルキッズに集中していましたが、

5月5日はYU作さんの誕生日!

ついにYU作さんも6歳になりました!

我が家の恒例、

自分を生んでくれたお母さんにプレゼントを渡します!

「おかあさん、

僕を生んでくれてありがとう!」

スマイルキッズが終わり、夜はじいちゃんとばあちゃんを招いての

ささやかなパーティ!

YU作さん、

あなたが生まれた6年前、

お母さんはとってもとっても苦しんで、

痛がった末にあなたは生まれてきたんだよ。

その時お父さんは、今まで生きてきた中で一番感動して、

感激して、涙を流してよろこんだんだよ。

じいちゃんもばあちゃんも、みんなみんな笑顔になって

あなたが生まれてきたことを喜んだ日なんだよ。

6年間、無事に成長してくれて本当に嬉しいよ。

 

YU作さん、生まれてくれてありがとう!

うれしすぎてはしゃぎすぎ、むせかえるYU作さん。ウケる。

5月5日スマイルキッズ


2012年05月07日

いよいよ今回のGoGo!SmileKids!も

最終日!

朝からご来店の

ほのかちゃんとゆうなちゃん

女の子ふたりのおうちに

鯉のぼりをプレゼント!

おつぎは

東根から参加の

ゆかちゃんとゆみちゃん

大好きなお絵かきでニコニコ笑顔!

つかみ取りは~

ばっちり楽しんでくれたね!

 

続きまして

りょうくんとさらちゃん。

さらちゃんもがんばってかいたね!

そしてじゃんけんして~

やった^!勝った!

ぐわしとつかんでみんな笑顔!!

「たのしかった~!」

と、りょうくん。

よかったね!

 

そして

ひろとくん。

はりきって書いてくれてありがとう!

そして最後は

JUN平さん。

R子さんとの合作です!

 

今回の子どもの日特別企画

GoGo!!スマイルキッズには

25名のお友達からご参加いただきました!

今回の絵では・・・

 

【誰の絵?】

○自分の絵・・・7人

※やはり自分の笑った顔が一番多かったですね。

○家族・・・12人

内訳:お母さん4人・お父さん1人・兄弟姉妹3人

家族全員3人・ペット1人

※大切な人と言ったら家族ですね。

○友達5人

※友達の笑顔が大好きです。

○先生1人

※先生に褒められたいようです。

 

【どんな時にこの笑顔を見ることができますか?】

○お母さんにおてつだいをしたとき

○友達と遊んでいる時

○笑っている時

○おかあさんに楽しい話をした時

○ゲームをクリアした時

○満開の桜を見た時

○空手で優勝した時

○家族みんなで同じことをしてる時

などなど。

そして

 

【もっとその笑顔を見るために

自分でできることは何ですか?】

○たくさん遊ぶ

○相手のことを考えて、喜ぶことをする

○楽しいことをする

○笑わせる

○兄弟ケンカをしない(お母さんに怒られないように)

○お手伝いをする

○空手がんばる

○学校であった楽しい話をお母さんにしてあげる

○みんなが笑うようにいっぱい笑う

 

など、相手のために自分が何ができるかなと

一生懸命考えて来てくれたようで本当に嬉しかったです!

 

子どもたちの笑顔は

本当に見る人を元気にする

スゴイパワーを持っています。

 

この笑顔の力を

被災地へと届け、

少しでも元気になってもらえたら幸せです。

この一週間の期間中、

たくさんの笑顔が集まって、

一番元気をもらって、楽しい思いをさせてもらったのは

僕をはじめとするスタッフ一同だったのだと思います。

 

今回参加された皆様、

そして、鯉のぼりのご協賛いただきました

「人形の柴崎」様に心より感謝いたします!

 

来年も5月5日はゴーゴースマイルキッズ開催予定です!

すべりこみで従兄のひかるくんも参加!

26名にて終了です。

ありがとうございます!

※サプライズも準備中です!

 

 

 

 

 

 

スマイルキッズ中間報告


2012年05月05日

期間中、

たくさんのお友達が笑顔の絵を描いて持って来てくれました!

りょうたくん

しんたろうくん、そうたろうくんの野球兄弟

こうせいくん、すみれちゃん

 

きょうごくんななかちゃん

いのりちゃん

 

えいとくん、さきちゃん。

 

しょうたろうくん、こたろうくんカラテ兄弟

参加した子どもたちには

お菓子のつかみ取り!で大盛り上がり!

 

飛び込み参加も大歓迎ですよ~!

明日は僕が○○○姿で登場予定です!!

 

明日が最終日!

子どもの日はスマイルキッズへおこしくださいね~。

心のごみバケツ


2012年05月01日

今日は月末ですのでR子さんにお給料、

T子さんに生活費、そして月に一度のメッセージを渡します。

今月はこんな話です。

【こころのごみバケツ】

2012・4・30

元Yahoo!のクレーム担当者、デイヴィッド・J・ポーレイ氏が

心に響くこんな言葉を残しています。

 

 

その日、僕はタクシーでグランド・セントラル駅に向かっていた。

すると、道路脇の駐車場からいきなり黒い車が飛び出し、

僕の乗ったタクシーの前に強引に割り込んできました。

 

驚いた運転手さんが急ブレーキをかけたため、タクシーはスリップし、

前の車まであと数センチのところでかろうじて停止しました。

 

いきなり割り込むなんて信じられない!

でもその後、さらに信じられないことが起こりました。

黒い車を運転していた男(つまり危うく事故を起こすところだった張本人)が、

こちらに向かって、大声で怒鳴りだしたのです。

 

いったい、どういう思考回路をしているんだろう?

 

さらに驚いたことに、被害者であるタクシーの運転手さんは、

男の行動にいら立つ様子も見せません。

 

それどころかにっこりとほほ笑みかけ、

手を振ってその場を去ったのです。

 

これって、なんかの宗教なのか?

いぶかりながら僕はたずねました。

 

「運転手さん、あんなやつによくもそんな態度がとれますね。

あいつのせいで僕らは死んでいたかもしれないのに」

 

この運転手さんの返答が、

僕が今、「ごみバケツ」の法則と呼んでいるものの原型となりました。

 

彼はこう言ったのです。

「お客さん、こういう仕事をしているとね、

ああいう『ごみバケツ』みたいな人に

しょっちゅう会うんですよ。

 

彼らの心の中は、

不満、やり場のない怒り、落胆といった

感情の『ごみ』でいっぱいなんです。

 

『ごみ』がたまって心のバケツから溢れそうになると、

今度は捨てる場所を探す。

 

その時、お客さんがそばにいれば、

お客さんに『ごみ』を投げ捨てる。

 

相手はお客さんでなくてもいい、

捨てさせてくれれば誰でもいいんです。

 

だからね、『なんで自分がこんな目に!』なんて思う必要はありません。

 

ただ、にっこり笑い、手を振ってやり過ごし、

幸運の一つでも祈ってやればいいんです」

 

※『あなたの心の「ごみバケツ」を空にする本』より

 

人は真面目であればある程、いい人であればある程、

人の評判や批判を気にする。

何かちょっと避難されただけで落ち込んでしまう。

 

怒ったり、非難したり、罵倒(ばとう)したりする、

いわゆる悪のパワーが強い人は、往々にして、

善人をへこませ、圧倒する。

 

悪のパワーに対処するには、相手の倍のパワーで立ち向かうことも

時には必要だが、多くの場合は、

関わらずに「やりすごす」ことの方がうまくいく。

 

もし誰かに攻撃された時、

それが自分への非難ではなく、

『「ごみバケツ」が満杯でただそのはけ口にされた』とおもったら、

笑って「やりすごす」ことだ。

 

菜根譚(さいこんたん)の中にこんな言葉がある。

 

風来疎竹

(風そちくにくる)

風過而竹不留声

(風すぎて竹に声を留めず)

 

風が吹いて竹林がざわざわと音を立てる。

しかし、風が通り過ぎた時には、

竹林には何の音も残っていない。

 

誰かの非難や怒りという「ごみバケツ」を・・・

竹林のたとえのように

笑ってやり過ごせる人でありたいと思う。

ブログカレンダー

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031